『ヲタクに恋は難しい』レビュー:ヲタクとミュージカルの融合が醸し出すロマンティシズムにあふれたラブコメディ!

 (C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会
(C)ふじた/一迅社

オタクとは、もともと山の手のご婦人方が用いていた「あなた様」といった敬語的ニュアンスの二人称「お宅様」が語源のようです(諸説あります)。

それが1970年代末から1980年代初頭にかけてアニメや漫画などの二次元世界に熱いこだわりを示す人たちが、なぜか他人としゃべる際に「お宅は(あなたは)~」といった言葉を使う傾向があったことから、いつしかポップカルチャーを主とした愛好者のことを総じて「オタク」と呼ぶようになったとのこと。
(諸説あります。当初は「お宅族」とか「オタッキー」とか、呼ばれ方もいろいろありましたね。その辺りは同時代的に何となく覚えています)。

ではオタクとマニアの違いは一体何なの? といった論議も昔から盛んに行われてきてはいます。
(岡田斗司夫氏曰く「文化を生み出す力があるのがオタク」といったポジティヴな説もあれば、「こだわりの中に性的意匠が含まれているのがオタク」といったものもあります。まあ、いろいろです)

いずれにしても最近はアニメやゲーム、映画など以外でも、ある対象に並々ならぬ愛情をもって臨み続ける人々のことをオタクと呼んでいるような感もあり(釣りオタクとか運動オタクとか車オタクとか)、おかげでかつては「キモい」の代名詞でもあったものが、21世紀に入ってからはかなり緩和されてきている気もしないではありません……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街438》

もっとも、それでもまだ偏見が完全に払拭されたわけではないようで、そのことに悩むオタクの諸氏諸嬢もまだまだ多いことかと思われます。

そして映画『ヲタクに恋は難しい』こそは、そんな悩めるオタク=ヲタクたちの慎ましやかながらもどこか異様な恋模様を、何とミュージカル仕立てでロマンティックに描いたラブ・コメディなのでした!

BLヲタクとゲーム・ヲタクが
付き合ってみたらどうなるか?

 (C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会
(C)ふじた/一迅社

『ヲタクに恋は難しい』はふじたの人気コミックを原作に実写映画化したものです。

主人公の百瀬成海(高畑充希)はBL好きな腐女子で生粋のヲタクなのですが、以前そのことがばれて恋人にふられてしまった過去から、今はヲタバレしないよう努める日々。

そんな成海が転職した会社に何と幼馴染の仁藤宏嵩(山﨑賢人)が務めていたことで、彼女は自分の素性を周囲にばらさないよう宏嵩に懇願。

ルックスは抜群ながらも徹底して無表情で何を考えているのかわからず、しかも重度のゲーム・ヲタクでもある宏嵩は、一方で成海がもっとも素直に自分を表に出せる存在でもありました。

そこで宏嵩から提案。

「ヲタク同士でつきあってみたら、快適なのでは?」

もともと成海は自分のことを棚に上げて、異性のヲタクが大の苦手でキモいと思ってしまう傾向があったのですが、宏嵩だとやはり安心感が勝るのか、この申し出を受けることに。

かくしてBLヲタクとゲーム・ヲタクの、周囲に内緒のカップル・ライフの幕が上がるのですが……?


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com