映画『ピンクとグレー』完成披露で菅田将暉が中島裕翔に「かわいい」連呼!

ピンクとグレー

2015年11月26日(木)、TOHOシネマズ新宿にて、映画『ピンクとグレー』完成披露イベントが開催され、主演の中島裕翔さん、菅田将暉さん、夏帆さん、岸井ゆきのさん、柳楽優弥さん行定勲監督が登壇しました。

今作はアイドルグループ「NEWS」のメンバーでもある作家、加藤シゲアキの処女作を映画化したもの。突然自殺した人気俳優・白木蓮吾(中島裕翔)が残した遺書をきっかけに、かつて連吾とともに芸能界を目指していた親友の河田大貴(菅田)は憧れのスターに。蓮吾の死によって偽りの名声を手にした大貴が迷い苦しみながら、彼の死の真相にたどりつく姿を、62分後に世界が変わるという斬新な仕掛けを使って描いています。

中島裕翔と柳楽優弥のタイマン勝負が観られる!?

この日のために用意されたピンクカーペットに登場したキャストたちと監督。
映画初主演の感想を尋ねられた中島さんは、「初めての映画出演で主演というお話で、緊張感もありつつ、監督が行定さんで、原作が先輩の加藤シゲアキくんと責任重大でした。でも、若い俳優さんに囲まれて僕も頑張らなきゃ、という闘争心のような気持ちも芽生えて、すごく刺激的な映画になったと思います」と挨拶します。

ピンクとグレー

続いて、「現場で中島さんとすごく仲良くなったらしいですが」とMCに振られた菅田さんは、見つめてくる中島さんに「なんだその目は!」と照れ隠しのような反応をしつつ、「かわいい裕翔のかわいいエピソードをひとつ」と、「ラインで食べ物などの写メをちょくちょく送ってくるから、寂しいのかな?と思うのに、『今何してんの?』とか『遊ぼうや』とかは送ってこない。でも、『古着屋連れてって』とか連絡がきたりして、まだ探ってる感じがかわいい」と暴露。
中島さんはその話を聞きながら「かわいいっていうなよ〜」、「かわいいっていわれると照れる」とニコニコしながらコメントしていました。

そんなふたりに夏帆さんは「私が撮影に入った時にはもう本当に仲が良くて、このふたり、ホントにできてるんじゃないかなって思ったくらい。その中に入るのがどきどきしました。でも、高校生に戻ったみたいに撮影できて楽しかったです」と現場での様子を話していました。

ピンクとグレーDSC08532_750

また、ネタバレに関わることから、役どころが明かされていない柳楽さんと岸井さん。
岸井さんが「友達にどんな役か聞かれても答えられなくて…」と苦労を話すと、監督は「まぁ悪魔の役なんですけどね」と悪ノリ。
一方、柳楽さんは「多くしゃべったらネタバレしそうだから、あまりしゃべらないようにしようと決めています」とコメント。
すると、今度は「殺し屋の役ですね」と監督。
「そうだったんだ〜。そういう話だったのか」と中島さんがこぼし、「僕たち理解が足りなかったね(笑)」と菅田さんものっかって、会場に笑いを起こします。

中島さん曰く、柳楽さんは「ラスボスに匹敵する存在」とのことで、それを受けた柳楽さんからは「本当にタイマン勝負だったね! これはネタバレじゃないです(笑)」と意味深な発言も。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com