雨の日は映画を観よう!梅雨にぴったりの、雨にまつわる映画5選

こんにちは。公式ライターの大谷です。

梅雨入りして雨の日が多くなると、休みの日でも室内で過ごす時間が増えてしまいがちですが、そんな日こそ映画を観て過ごすのはいかがでしょうか。

そこで、雨のシーンが印象的な作品やタイトルに雨にまつわるワードが使われているものなど、雨にちなんだ映画をご紹介したいと思います!

『ストロベリーナイト インビジブルレイン』(2013年/東宝)

人気テレビドラマの映画版。捜査1課の警部補・姫川玲子が不可解な殺人事件を解決していくという内容はそのままに、事件の裏に隠蔽された警察の機密を巡る組織の軋轢や、危険な男に惹かれていく姫川の恋愛なども描かれ、よりスケールの大きい作品になっています。
ラストシーン以外は全編雨というこだわりも、事件、そして姫川の持つ闇を効果的に演出しているように思います。

筆者は竹内結子さん演じる姫川玲子の凛々しく強い姿が好きで、ドラマ版からどっぷりハマっていたのですが、映画版も期待を裏切らない濃い内容でした。
玲子主任と西島秀俊さん演じる部下の菊田との関係にもドキドキです・・・!
また、ドラマを観ていなくても、刑事モノ作品のひとつとして楽しめる作品だと思います。

上記も明るい内容ではないのですが、雨の中いっそ感傷に浸ってみたいという方には、実在の事件を元にした次の2作もおすすめです。

『光の雨』(2001年・シネカノン)

連合赤軍事件を書いた『光の雨』(立松和平)が原作の映画の制作現場を舞台にした作品です。“総括”と称して同志を次々と殺していってしまった連合赤軍の事件を、劇中劇という形で描いています。
そのため、一緒にどうしてこういった事件が起こるまでに至ったのか、登場人物(劇中劇を演じるキャスト)と同じ目線で見られるので、学生運動や革命を起こしたいという若者が活動していた背景を知らなくても入りやすいストーリーになっています。

『初恋』(2006年・GAGA)

こちらは未解決事件として有名な1968年の三億円事件を元に、“犯人は女子高生だった”という仮説で中原みすずが書いた小説『初恋』が原作となっています。
未解決事件ということもあり、いろいろな説や事件を題材とした作品が世の中にありますが、女子高生が主人公の切ない恋愛モノとして一風変わったテイストになっています。
ザラザラとした粗い映像が印象的で特に雨のシーンでは、その時代にフラストレーションを抱えて生きた人の息苦しさや先の見えない不安のようなものを感じられるような気がします。

一方、雨といっても暗いテーマばかりと相性が合う訳でもないようです。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事