『一度死んでみた』レビュー:こんな広瀬すずを見たかった!『なつぞら』ファンにも嬉しい作品に!

Ⓒ2020 松竹 フジテレビジョン 

広瀬すずといえば『ちはやふる』3部作(16~18)や『三度目の殺人』(17)『ラストレター』(20)など、人気も実力もピカイチの若手女優として今や日本映画界に欠かせない存在で、昨年のNHKテレビ小説『なつぞら』も大好評でした。

そんな彼女ですが、意外や意外、あからさまなコメディ作品への出演がこれまでなかったことに、今回ご紹介する『一度死んでみた』を見た際に気づかされた次第です。

(そういえば昨年『なつぞら』絡みでNHKの御笑い番組『LIFE』にゲスト出演した彼女、実に堂々とコントを披露していました)

その意味では今回、彼女を初の本格コメディに抜擢した製作サイドの着眼点は実に秀逸だったとも思われますが……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街449》

いやはや今回の広瀬すず、今まで見たことのないぶっとびかっとびデスメタル・モードで、またまた新たな可愛らしい魅力を大いに発揮してくれているのデス!

「2日間だけ死んじゃう薬」を
飲んじゃった父親が火葬の危機!

『一度死んでみた』で広瀬すずが演じているのは、売れない(でも一部熱狂的ファンはいる)デスメタルバンドのヴォーカルをやっている21歳女子大生の野畑七瀬です。

実は彼女、製薬会社社長で研究のことしか頭にない野畑計(はかる/堤真一)の一人娘で、もともとは父親譲りの化学オタク。

計もゆくゆくは七瀬に研究の道へ進んでもらいたいと願っているようですが、母・百合子(木村多江)が臨終のときまで研究室に籠っていたことを機に、七瀬は遅れてきた反抗期へ突入し(特に父親の臭いが大嫌い!)、計をディスりまくるデスメタル女子へと一気に変貌!

ライヴハウスでは延々とDEATH DEATH DEATH DEATH を連呼!

しかしある日、本当に父が死んでしまった!?

「本当に死ぬなよ、クソオヤジ!」

絶叫する七瀬の前に現れたのは、何と計の幽霊!?

……実は計、研究者の藤井さん(松田翔太)が社内で進めていた若返りの薬“ロミオ”の開発途中で偶然出来てしまった「2日間だけ死んじゃう薬」“ジュリエット”を、部下の渡部(小沢征悦)に飲まされてしまったのでした。

かねがね“ロミオ”を横取りすべく、スパイとして渡部を野畑製薬に送り込んでいたライバル会社ワトソン製薬の田辺(嶋田久作)は、「死んだ人間を殺しても殺人にはならないよな」と、2日後に生き返る前に計を火葬にして、会社を合併してしまおうと画策!

かねがね自分の監視役で存在感がなさすぎて“ゴースト”とあだ名されている(そして静電気体質の)秘書・松岡(吉沢亮)の協力を得て、七瀬は火葬の前に父を生き返らせようと立ち上がるのでした!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com