どんな形でも入り口はたくさんあった方がいい!「週刊プレイボーイ」戦隊ヒロイン特集を語る

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

入り口はどんな形であっても、たくさんあった方がいいと思います。

最新号の「週刊プレイボーイ」が思い切ったチャレンジをしてくれました。

戦隊ヒロイン特集。

表紙は最新作『魔進戦隊キラメイジャー』からキラメイグリーン/速見瀬奈役の新條由芽さんが。

中身は歴代の戦隊のヒロインを振り返りつつ、スーパー戦隊出身の方のグラビアを再掲載。

グラビア雑誌ナンバーワンを走り続けてきた週プレだからできる、膨大な資料から抜粋された貴重な写真の数々。

「この人、スーパー戦隊出身だったんだ」とか「めっちゃ好きやったなぁ」とか、「懐かしい、もう一回見直してみよう」とか、「こんなかわいい子が出てるんだったら、『キラメイジャー』見てみようかな」とか、いろんな感想があっていいと思います。

SNSを見てたら、「子供のヒーローがグラビア雑誌に載るのはどうなの?」といった意見もありましたが、心配ありません。

自分の幼少期を振り返ってみての個人的な意見なんですが、子供はまずやらしい気持ちを持ってません。

そして水着姿のヒロインを見ても、作品のヒロインと一致しません。

それぐらい顔識別能力は低い気がします。

だいたいそんなこといったら『特捜戦隊デカレンジャー』のウメコの入浴シーンはどうなってしまうんですか。

とりあえず文句のある人は、高寺P作品の「カーレン」、「メガレン」、「ギンガマン」のゾンネット、シボレナ、シェリンダを見てきてください。

ちょっと水着になってるなんてなんのその。

劇中の衣装がセクシーなのはさる事ながら、演じられた方が皆さんセクシー作品出身。

『炎神戦隊ゴーオンジャー』の及川奈央さんも然り。

だからといって作品を見て気持ちが散漫になることなんてなかったですし、しっかりとヒーローを愛してこれました。(思春期にぐらつくことはありましたが。)

坂本浩一監督の作品なんてお色気だらけです。

でも監督が演出する、世界から見てもハイレベルなアクションシーンは、お色気をも取り込んでめちゃくちゃカッコイイと思わせるレベルまで昇華させるのです。

そんな監督の読み応え抜群なインタビューも載っております。

あと実は同じ号で、元東映プロデューサー・吉川進さんの追悼記事に秋田英夫さんと切通理作さんという、特撮ファンからしたら神様のような特撮評論家、特撮ライターの方と並んで、浅学にも関わらず僕もインタビューしていただいたんですが、その時に思ったのは担当の方はしっかりと特撮への愛がありました。

それは他の記事を見ていただいても、読んでいただければ伝わるかと思います。

というか、「プレイボーイ」の表紙のデザインがしっかりキラメイグリーン仕様になっていることからもわかるかと。

決して安易に戦隊ヒロインを並べておけば、雑誌が売れるだろという邪な気持ちはないかと思います。

『特命戦隊ゴーバスターズ』イエローバスターの小宮有紗さんの爆破越しのグラビアなんて、物理的にも、そして想いも強烈な熱量しか感じません。

最初合成かと思いましたが、なんと合成なし。

ナパームって聞いた話だとものすごくお金がかかるんです。

きっと担当の方はあの写真を撮るまでに相当な苦労があったと思われます。

どこにやましい気持ちがありましょうか。

この挑戦をもっともっと讃え、これによって新たなスーパー戦隊ファンが増えてくれることを願って、今日も「キラメイジャー」を応援していきましょう。

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第166回:今でも特撮が好きな「原点はここにあったんだ」と回顧!吉川進さんのプロデュース作品を語る
第165回:“武田航平のカシラっぷりを語る!司会を担当した「TAMASHII Features 2020」のエピソードも
第164回:『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード11が傑作回と言える理由!特撮作品のタイムループを語る

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

関連記事

『魔進戦隊キラメイジャー』への興奮を語る!絶対面白い作品になると確信できる理由とは?
「キラメイジャー」の2号ロボの合体に驚き!歴代敵ロボのかっこよさを振り返る
『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード11が傑作回と言える理由!特撮作品のタイムループを語る

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com