「僕は武藤さんと大森さんに操られてる(笑)」劇場版『仮面ライダービルド』上堀内佳寿也監督&大森敬仁Pに篠宮暁が直撃!

大森P:お芝居は最初からなるべく成立するキャストで組んだんですね。そのうえで芝居の成長はもちろん感じてるんですけど、現場に対する姿勢というのはかなり向上したと思います。

篠宮:おお〜!

大森P:特に犬飼くんは1年間、すっごくつらい現場だったと思います(笑)。タフなことが多かったんで。まぁ、弱音を吐くなって言うのが無理な現場なんですが、彼には芯があるんですよ。

上堀内監督:そうですね。

大森P:主演として現場を引っ張っていく自覚もありつつ、バランスの取り方みたいな部分が優れていた気がして。今までの主役にまったくいないタイプだったなと思いますね。

篠宮:すごかったですか、犬飼さんは。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

大森P:うーん。すごいってひと言でいうと悔しいから、あんまり言いたくない…(笑)。

上堀内監督:普段の飄々とした雰囲気からは、芯があるかどうかわらからない?

大森P:うん。捉えどころがない、って本人に言ったら、「ショックです」って言われたんだけど(笑)。

篠宮:(爆笑)

大森P:でも、それって悪い意味ではなくて。さっきまで冗談を言ってたかと思うと、急に素直になるところもある。それでいて話していると芯がある。つまり天性の役者さんなのかもしれません。

篠宮:「平ジェネ」も「ビルド」本編も面白いって声をよく聞くんですけど、ズバリ、勝利の法則ありますか?

大森P:勝利してるかどうか…。

篠宮:勝利、めちゃめちゃしてますよ! 『仮面ライダーエグゼイド』もすごかったのに、そこから「ビルド」も面白いっていうのはすごいことだと。

大森P:必死にやってるだけです(笑)。

篠宮:じゃあ、ご自身の決めごとはありますか?

大森P:うーん、「エグゼイド」と「ビルド」は、僕のスタンスが全然違うんです。「エグゼイド」のときは企画の最初の段階から、ゲームと医療を絡めようというところから始まっているので、能動的に2話ごとに話を作っていったんですね。「こういう話にしましょう」というのを最初から脚本家の高橋悠也さんに投げるかたちで。「ビルド」はどちらかというと逆で、武藤さんがやりたいことを先にもらって、それができるように交通整理してるって感じですね。

篠宮:へぇ〜! そこを徹底されてる感じ?

大森P:そうですね、「エグゼイド」の時は僕が先を歩いてたつもりだけれど、今回は後ろから見ながら口出ししているような。

上堀内監督:それは感じますね。

篠宮:大森さんにアイディアが浮かんでも、武藤さんが発進するまでは待っとこう、って感じ?

上堀内監督:割と、「いってらっしゃい」みたいな感じでしたね(笑)。

大森P:前半は武藤さんがどこまで考えているのかというのを確認しないと、僕らも手探りでした。でも、前半と後半でまた違ってて。思うに、武藤さんがやりたいことは前半に結構な部分が凝縮されたんじゃないか、と(笑)。武藤さんのストーリーのスピード感が早くて。

篠宮:確かに、伏線とかも最初の方で全部回収してましたし。

大森P:エボルトが宇宙からきた人で、構図としては仮面ライダーVS地球外生命体にしましょうというのはもともと武藤さんがおっしゃっていたんですが、後半はそこへどう運ぶかということがあり。それを聞かれてこちらから提案することはありました。

上堀内監督:僕らは脚本をもらうまで、こういう話なんだ、こういう展開になるんだっていうのが見えない部分があったので、ある意味面白かったですけどね。純粋に、読んだ瞬間の興奮があったので。

篠宮:監督と武藤さんで、テレビシリーズでもディスカッションをされたりしたんですか?

上堀内監督:自分の組ではありますね。21話「ハザードは止まらない」で、戦兎が青羽を殺してしまったときの感情表現とかは延々と二人で喋ってました。最終的には、大森さんに「二人とも、行き着く先は一緒だよ!」って言われたんですけど(笑)。

大森P:僕からすると、二人とも想いは一緒で、内容としては同じことを言ってたんですよ。

篠宮:あれは名シーンでしたね。

監督:これだけ演出家と向き合ってくれる脚本家さんもありがたいです。「こういう気持ちで書いてるんですけど、これだったら表現できますか?」「そういう気持ちなのはわかるんですけど、もっとこうしてみたいっていうのもあるんですよ」って(笑)。

篠宮:行くつく先は一緒だけれども、過程が違うわけですね。では、監督の勝利の法則は?

上堀内監督:いやいや、勝利してるかどうかわからないですよ。

大森P:完全に型にはまった質問を…(笑)。

篠宮:「これは絶対聞こう!」と思ってたんです! 決めてることでいいです。これはしよう、これは絶対避けよう、とか。

上堀内監督:え〜。テレビとか映画とかに限らず、表情や身振りだけで感情を表現できるように、というのはいつも目指してるところではあります。

篠宮:セリフ以外のところで。

上堀内監督:そこで「今、この人こう思ってるんだろうな」ってことを表現したり、逆にどういう気持ちでいるのかわからない、って思わせることをやると、見てる人がいろんな捉え方をできるんだろうなって。それを役者と一緒に目指していますね。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com