「クウガ」に「龍騎」、スーパー戦隊にも!ストーリーを盛り上げる「先代」という存在の魅力を語る

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

感謝してもしても足りないほど、ちびっ子から大人まで多くのライダーファンを喜ばせてくれた「平成ジェネレーションズ FOREVER」。

歓喜したシーンは山ほどあったんですが、今回は九郎ヶ岳遺跡のシーンについて。

『仮面ライダークウガ』第1話目で、あの棺を開けたことによりグロンギが復活しました。

映画では平成ライダーの始まりの場所として描かれてましたが、19年経ってこの棺を再び作る熱量、恐れ入りました。

あれ見て喜ばないクウガファンは誰もいないと思います。

あの九郎ヶ岳のシーンは、僕が平成ライダーを振り返る上では外せないシーンです。

調査隊が撮っていたビデオに映るグロンギによる惨殺の映像はすごいリアルで恐怖を感じましたし、今までの仮面ライダーと明らかに違うということを予感させるものでした。

その中で、五代雄介が度々フラッシュバックする、昔の九郎ヶ岳であろう場所でポーズをとる2000年前の古代の戦士の姿。

正体は先代のクウガ。

この「先代」というフレーズのに僕は滅法弱く、「クウガ」にのめり込むキッカケにもなってるかと思います。

他の平成ライダーでも、先代というのがよく出ます。

強欲で800年前にコアメダルを揃えるも、暴走してしまったオーズの先代。

グローバルフリーズに1人勇敢に戦うも、記憶を消され魔進チェイサーとしてドライブの前に現れた先代ドライブのプロトドライブなど。

そんな先代ライダーのなかで最も好きなのは、TVスペシャルに登場した先代仮面ライダー龍騎の榊原耕一です。

本編とも映画とも違うパラレルワールドでオリジナルのストーリーが展開されるも、龍騎の要素がギュッと詰まってて

なんとエンディングを電話投票で決めるという、後にも先にもない斬新なスタイルが当時かなり話題を呼んだTVスペシャルでしたが、そこに出てた先代龍騎の戦ってる時の声がたまらなく好きなんです。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com