『シライサン』のレビュー:貞子や加耶子に負けず劣らずの新たなホラー・クィーン誕生!

(C)2020松竹株式会社 

古くは『四谷怪談』のお岩、最近では『リング』シリーズの貞子や『呪怨』シリーズの加耶子&俊雄など、これまで数々の魅惑的かつ驚愕のホラー・キャラクターが創造されてきていますが、2020年1月、また新たなホラー・クィーンが登場します……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街429》

その名も安達寛高(乙一)監督の映画『シライサン』に登場するシライサン。

うっかり彼女を見てしまい、そこで目をそらしたら殺される!

シライサン……
その名を知ったが最後!

映画『シライサン』は、主人公の女子大生・瑞紀(飯豊まりえ)とランチをとっていた親友の香奈(江野沢愛美)が突然怯え出して「来ないで!」と叫んだ直後に、眼球を破裂させて死んでしまった事件から始まります。

一方、大学生の春男(稲葉友)は弟・和人(渡辺佑太朗)からの不穏な電話に胸騒ぎを覚えて彼の許へ赴くと、同じく眼球を破裂させた死体と化していました。

数日後、春男は瑞紀を訪ねます。和人は香奈と同じバイト先で働いていて、SNSで香奈の変死を知った春男はその真相を探ろうと瑞紀を誘ったのでした。

ふたりは香奈&和人のバイト仲間で、一緒に旅行をしていた詠子(仁村紗和)から話を聞きます。

香奈と和人と詠子は宿泊先の旅館でたまたま出会った酒屋の配達人(染谷将太)から、聞き手を巻き込むタイプのよくある怪談話を聞かされていました。

それは異様に目の大きい女性で、その名を知った者は皆死んでしまうという……。

瑞紀と春男にその名を伝えようとはしない詠子でしたが、その直後に彼女は自殺を図り、すんでのところでふたりに命を救われますが、そのとき「シライサンが来る」といったうわごとを聞いてしまいます。

かくして、シライサンの名を知ってしまった瑞紀と春男も呪われてしまったのでした……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com