中尾暢樹&松尾太陽『一礼して、キス』シネマズ独占インタビュー

加賀やっこの同名人気コミックを実写化する映画『一礼して、キス』が、現在公開中。本作で池田エライザとW主演をつとめる中尾暢樹(なかお・まさき)と、中尾が演じる三神の親友・直潔を演じる松尾太陽(まつお・たかし)の2人に、シネマズが独占インタビューを実施した。

映画『一礼して、キス』中尾暢樹&松尾太陽2ショットインタビュー

映画『一礼して、キス』より(C)2017 加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会

映画『一礼して、キス』は、弓道をする姿に恋をした男の子が、ひたすらに一途な彼女への片想いを描く直線的胸キュンラブストーリー。“色気の魔術師”の異名を持つ、加賀やっこの累計100万部を突破する人気同名コミックを実写映画化する作品だ。

主人公・岸本杏役を演じるのは、モデルや映画にドラマ、CMとマルチに活躍する池田エライザ。そして、杏の弓道をする姿に恋をした後輩・三神曜太役を俳優集団・D-BOYSのメンバーであり、「動物戦隊ジュウオウジャー」のジュウオウイーグル/風切大和役などで知られる中尾暢樹がW主演で演じる。

また、三神の親友で、闘病中の高校生・由木直潔役を、人気音楽グループ・超特急のタカシこと松尾太陽がつとめる。メガホンをとるのは『ReLIFE リライフ』の古澤健監督。

──まず、本作を見て、中尾さんと池田さんのキスシーンの多さに驚きました。

中尾暢樹(以下、中尾):多かったですよね。実は、これが自分にとっては初キスシーンだったんですよ。

──初だったんですか! それにしても、かなり濃厚なキスシーンもありましたよね……。

中尾:かなり濃厚でしたよね。僕も、今回の役を演じるにあたって色々と作品を観て参考にしようとしたのですが、ここまで濃厚なの作品は観たことないなと思います。

──あれは監督からの指示だったのでしょうか?

中尾:いや、自然とそうなった感じかなと思います。あのシーンで、もう少しライトなキスにしていたら、たぶん違うなと思ったんですよね。それに、エライザちゃんが「好きなようにして! どんと来い!」という感じだったので、思い切っていったのはありますね。

松尾太陽(以下、松尾):男前やな〜。

中尾:ほんと、男前でしたね。

──原作でも三神はセクシーな役ですから、それに対するプレッシャーもありましたか?

中尾:まあ、怖いですよね……(笑)。人気のあるキャラクターで、セクシーが売りというのは、正直不安はありました。だけど、そこはあまり考えすぎないようにして、僕の思った三神をしっかりと演じて、それが漫画読み終わったあとの心地よい雰囲気というか、あの雰囲気が映画見終わってからも同じように出せるようにと思って演じました。

──松尾さんは、普段は超特急での「タカシやで!」の元気ハツラツなイメージが強いのですが、今回の直潔という役は、むしろ真逆な雰囲気でしたよね。

松尾:今までにない役どころではありました。今回の作品自体、みんながみんな“人間らしい”というか、生々しい部分が見え隠れする感じだなと思ったので、だからこそあまり意識せずに、より自然さを出せたらと。

──原作は意識されましたか?

松尾:原作を読んで思ったのが、直潔は今にも消えちゃいそうな儚さがあるなと。それを実写にもしっかりと反映させていきたいとは思いました。やっぱりそれは、原作から知っているみんなの望みだと思うし。みんなの期待を裏切らないようにみたいなのは考えましたよ。

──作品を実際に観て思ったのは、本当に漫画の世界観がそのまま映像になったと思わせるような画作りが多かったなと。情景だったり、心理描写みたいなのを過剰に描きすぎなかったりと、全体的に美しい画になっていましたよね。

中尾:そうだと思います。原作の漫画を参考にしている部分はかなりあって、だからこそ、三神という役をしっかりと理解して演じることが大事だなとは思いましたね。

映画『一礼して、キス』より(C)2017 加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会

──お二人は、本作で弓道に初挑戦されたそうですが、中尾さんは今でも続けているそうですね。

中尾:続けていますね。弓道って精神が射に出るんです。これ当たらないなと思うと見事に当たらなくて、当たるなと思うと構えの時点で分かります。そういうところが奥深くて、ハマった感じですね。

──松尾さんも、本作で弓道に挑戦されていますよね。

松尾:撮影前に練習していたのですが、その時に腕が筋肉痛になったんです。だけど、筋肉痛になるのが間違いなんだなと。難しい部分はあるけど、だからこそおもしろいと思いましたね。

──お二人は本作で初共演だったそうですが、作品をきっかけにプライベートでも遊ばれる仲になったそうですね。

中尾:お互いの家に行ったり、2人でご飯を食べにいったりとかも普通にしています。

──それは、さすがに街中で女子たちが騒ぎませんか?? D-BOYSと超特急ですよ!?

中尾:いたって普通に過ごしてますね(笑)。

松尾:むしろ、騒がれたいですね(笑)。

中尾:キャーキャー言われたいです(笑)。

──じゃあ、これを読んでいる人にキャーキャー言ってもらうため、D-BOYSと超特急というイケメン集団にいるお二方にお聞きします。本作でも床ドンをはじめとした色んな胸キュンシチュエーションがありましたが、自分たちが実際にしたいと思う、胸キュンなシチュエーションって何ですか?

中尾:やっぱり「◯ドン」じゃないですけど、相手の逃げ場を失わせる感じですかね。「こっち向けよ!」みたいな。

──いちばん得意な「◯ドン」は?

中尾:得意ドン(笑)!? やっぱり、床ドンですかね。

松尾:僕も男らしいのには憧れますね。顎クイとか。少女漫画に描かれているような、シチュエーションは憧れますね。

──本作では、全体的にSな男性が多く登場しますが、ご自身はSかMかというとどちらですか?

中尾:たかしはSじゃないですね。

松尾:絶対Sじゃないですね! 自覚あります。

中尾:俺は……Sかな(笑)。

松尾:あらまぁ……(笑)。

中尾:でも、案外良い子と言われますよ。だから、優しいSです。

──実際に映画の中のようなシチュエーションは経験ありますか?

中尾:ないですよー!

松尾:ないですね(笑)。

中尾:こうして役で演じると「普段からやっているんじゃないの?」みたいには思われますよね。でも、思われるぐらいじゃないと……とは思っているので正解なんです。

──Sな男を演じる上で気をつけたことは?

演技では自分のプラベートゾーンに相手を入れるという感じでやっています。照れとか全部忘れて、本番になったら「もう好きなようにやる!」という感じですかね。

──お互いの印象って、それぞれどうですか?

中尾:太陽はプロフェッショナルな男だと思います。とにかく仕事に対して、真面目で、あんまり隙がない。現場の雰囲気も明るくするし、話している内容聞いても変なこと言ってないというか、しっかりしている。良い距離感でみんなと接しているなと思いますね。とにかくいい男です。

松尾:暢樹は良い意味で自然体。計算がない男ですね。僕が元々人見知りなのもありますが、作品を通してこんなに仲良くなれる経験もなかったです。あまり気をつかわせないし、暢樹の自由な感じが、自分も気をつかわなくていいと思わせてくれるし。一緒にいても、ご飯食べていても、演技をしていても、全然まったく気にすることなく、ありのままの自分でぶつけていける人だなと思います。

──それでは、最後はこの映画『一礼して、キス』の魅力を教えてください。

中尾:今回の作品は、青春映画の中でも、今までにない新しいパターンの作品だなと思っています。今までとは違う感じの景色を観てみたいとか、刺激が欲しいなと思う人にもすごくいいですし、単純に弓道のカッコよさに改めて気づける作品かなと。弓道も恋愛もドキドキ感とリンクする部分があって、映画館で観るとそれがより一層感じられると思います。

松尾:これは少女漫画原作というより、文学作品の恋愛映画です。どこの学校でも起こりうる、等身大なストーリーなんです。変に綺麗に描きすぎてなくて、人間の汚い部分も描かれている。だから、恋愛映画が苦手だという人にも観てもらいたいですね。

中尾:想像つかない感じになっていると思います。でも観終わったあとに、自然と納得してくれると思いますので、ぜひ映画館で観ていただきたいです。

(写真・文:黒宮丈治)

関連記事

強引なキス、ハグそして…ドンッ!ドンッ!「して、キス」本予告解禁
この人エロいな…って!池田エライザ&中尾暢樹W主演『一礼して、キス』特報
『恋と嘘』&『一礼して、キス』、若手俳優の魅力を汲み上げる古澤健監督
池田エライザ、弓道着姿!中尾暢樹と「して、キス」
おすすめ”キラキラ映画”5選と今年の注目作

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com