『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレビュー|J.J.エイブラムスだからできた見事なシリーズ締めくくり

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

日本では昨年末に公開された、待望作。

約40年前から始まったスカイウォーカー家の話も今回の9作目で遂に完結されます。アナキンがダースベイダーになり、ルークに希望が引き継がれ、新シリーズのレイとベンにまで三代に跨って紡がれる物語。(シミ・スカイウォーカーを入れると四代です)

ずっと追いかけ続けた私も、ようやく鑑賞してきました。

いやぁ、大満足。そして寂しい!

作中にはエモすぎるシーンも多分に含まれていて、なんど鳥肌と、涙腺が緩くなったことか、、

一回では全て見切れないほどの情報量。過去作を何回も観ていますが、やはり忘れている部分もあり、もう一周してからまた「夜明け」が観たくなる。


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4火曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com