江口&本木がガッチリ握手!原発テロを描いた『天空の蜂』の初日舞台挨拶

top

シネマズ公式ライターのアスカでございます。

2015年9月12日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで『天空の蜂』の初日舞台挨拶が行われました。ステージには江口洋介さん、本木雅弘さん、仲間由紀恵さん、綾野剛さん、國村隼さん、佐藤二朗さん、松島花さん、永瀬匡さん、堤幸彦監督の9人が登壇。初回上映を観終えたばかりの観客の前で舞台挨拶と素敵なトークが繰り広げられましたよ!

1

超巨大なヘリコプター“ビッグB”の開発に携わった主人公・湯原を演じた江口洋介さんは「すごくいろいろと揺さぶられている状態だと思いますけど、僕達も神経を使いながらデリケートに宣伝活動をしてきまして、この映画に傷がつかず今日という日を迎えられたことをすごく嬉しく思います。」と、原発がテロの標的になってしまうという本作のテーマに触れつつも、ちょうど撮影してから1年後のこの時期にようやく公開できたことを喜んでいる様子でした!

2

また、原発の設計士、三島を演じた本木雅弘さんは「長い長いプロモーションという陣痛の期間を終えて、ようやく出産することができました。あとは無事にたくましく育ってほしいと思うばかりです。皆さんもご協力お願いします(笑)」と、観客に口コミをお願いする場面も。

3
三島の恋人である赤嶺役の仲間由紀恵さんは「大雨でたいへん多くの方が被害にあい、亡くなられた方もいらっしゃいます。まずはお悔やみ申し上げます。まだ安否確認が取れていない方と早く連絡が取れ、復興が行われますようお祈り申し上げます。」と、鬼怒川の氾濫など記録的大雨による被害にあった方々を気遣いながら、「『天空の蜂』はきっと皆さまの心に響くものがたくさんあると思う作品だと思います。父と子、男たちが信じる者、愛する者のために熱く戦う映画です。」と、困難に立ち向かう者たちの力強さを描いた作品であることを伝えると同時に、こんなときだからこそ観てほしいとアピールしていました。

4

仲間由紀恵さんの次に、ヘリを奪った雑賀役を演じた綾野剛さんが挨拶をすると、出演の皆さんから一斉にいじられる場面も!綾野剛さんが「無事、初日おめでとうございます。おめでとうございます。」と、まるでお祝いに出席した客のように挨拶すると、「他人事みたいに(笑)」と隣の佐藤二朗さんにすかさず突っ込まれていました。

5

さらには本木雅弘さんが「(綾野さんは)3週続けていろんな舞台挨拶出てますからね。きょう何に来たか覚えてないんじゃないの?天空の蜂で来ましたからね!」と言うと、綾野剛さんは「きょうは綾野Bです!」と、ビッグBにかけて自分を“綾野B”と表現したことに会場は大爆笑。「そんなに上手くないけどね」と突っ込まれると、「堤さんが付けてくれたんじゃないですか!」と暴露。慌てた堤監督は「新聞に書かれちゃうんで続けてください」と、ごまかしながらもその場の雰囲気を温めていました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事