大ヒット御礼企画☆『トイレのピエタ』のあのシーンを松永監督が大暴露〜真衣(杉咲花)編

編集部公式ライターの大場ミミコです。
2015年6月6日から絶賛上映中の『トイレのピエタ』。その監督をされた松永大司監督と、奇跡的にお茶をさせていただいたこと…そして、作品のクライマックスでもある“森のシーン”について前回の記事でご紹介しました。

大ヒット御礼企画☆『トイレのピエタ』のあのシーンを松永監督が大暴露?宏(野田洋次郎)編

今回の記事ではもう一人の主役、杉咲花さん演じる真衣について色々とお話を伺ってきましたので、ぜひお楽しみくださいませ!!

「あ~俺、真衣好きだなぁ」と松永監督

―— 宏のシーンの話ばかりしてきましたが、実は真衣にも好きなシーンが2つあるんです。
宏を小馬鹿にした美術誌のライターさんに「その服、わざとダサいの着てるんですか?」って、真衣がかなり挑戦的にイヤミをいう場面なんですけど…。

松永監督「あー、『敢えての敢えてで…』ってトコ。僕も大好きなシーンです。先日、韓国の全州(チョンジュ)国際映画祭に招かれて、洋次郎と2人で映画を鑑賞したんです。実は半年近くぶりにスクリーンで観たんですけど、改めてあのシーンを観て『あ〜俺、真衣好きだなあ』って思いました。」

―— 宏に対して、真衣はずっと厳しい言動で接してきたじゃないですか。そんな真衣が、宏を見下した美術ライターに対して牙を剥いたわけですから、宏はギャップ萌えしちゃいますよね。まるで自分を庇ってくれたというか、自分を貶めた敵に対して仇を取ってくれたというか…そういう態度に愛を感じちゃいますよね。

松永監督「いや、僕の視点はそうじゃないんですよ。あのシーンで、美術ライターは宏に対し『君みたいな奴の居場所はない』的なことを言い放つんですが、そこに真衣は反応したんです。だって真衣も居場所がない人間なので。」

―— なるほど〜。私が男だったら「こいつ、もしかして俺のために戦ってくれてる?」って自惚れちゃいそうです(笑)。

松永監督「真衣はきっと、そう簡単には変わりませんね(笑)。変わらなけど、宏とは向いている方向が一緒なんです。だから惹かれ合うし、お互い必要な存在になった。」

matsunaga02


    ライタープロフィール

    大場ミミコ

    大場ミミコ

    小学生の息子を持つ主婦ライター。美大卒業後、ストーリー漫画家を目指してシナリオ学校の門を叩く。その後10年ほど、映画・ドラマ・コミック原作などのプロットやコンペ原稿などの下積みを経験し、出産を機に引退。現役中は、お金を浮かせるために飯田橋ギンレイ、早稲田松竹などの名画座に通う傍ら、フリーペーパーなどのシネマコラムも執筆する。好きな映画は「真夜中のカーボーイ」「アメリカン・ビューティ」「チョコレート・ドーナツ」など、切ない&救いのない系の作品。一方、「ウェインズワールド」「プロデューサーズ」などのおバカコメディも大好物♡好きな俳優は佐藤健、好きな監督は中島哲也、内田けんじ。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事