『台湾、街かどの人形劇』と『幸福路のチー』が訴える伝統と人生の機微

(C)2016-2019 Thunderbolt Fantasy Project 

先月『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』という台湾と日本の合作映画を見てきました。

これは『魔法少女まどか☆マギカ』(11)やアニメ版『GODZILLA』3部作(17~18)などで知られる日本のシナリオライター虚淵玄(うろぶちげん)が、台湾伝統の人形劇=布袋劇(ポーテーシ)に魅せられたことを機に脚本を執筆し、人形の実制作&操演を台湾の霹靂布袋戯(ピリ・ポーテーヒ/手遣いの人形劇)スタッフが担ったTV人形劇シリーズ『Thunderbolt Fantasy 東離劔遊記』(16~/日本でもオンエア&漫画化もされています)の劇場版第2作。

内容は剣と魔法のオリエンタル武侠ファンタジーですが、イケメン人形たちが織り成す群集劇スタイルの中、絢爛豪華かつダイナミックな動きは、従来のアニメーションとも3DCGとも異なる独自の魅力を放っています。

そもそも台湾の布袋劇は台湾の伝統芸能であり、糸繰り人形劇=傀儡戯、影絵の人形劇=皮影戯などがあり、霹靂布袋戯の原点ともいえる布袋戯(ポーテーヒ)もこれに属します。

1980年代から日本でも本格的に紹介されるようになり、素朴ながらも濃密なクオリティが中国や韓国などとは異なる魅力を放ち続ける台湾映画ですが、最近はこうした伝統文化や歴史に着目しながら温故知新をめざす作品が増えてきているような感もあります……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街420》

あたかも11月末にはまた2本の台湾映画が公開となりましたが、かたや布袋戯を題材にしたドキュメンタリー『台湾、街かどの人形劇』、かたやひとりの女性の半生をノスタルジックに描いたアニメーション『幸福路のチー』。

どちらも台湾独自の伝統や文化、風俗、歴史性の中から、いつしか万国共通の人間の営みや人生に対する想いなどを示唆してくれる必見の秀作なのでした。

伝統の継承から親子の絆を描く
『台湾、街かどの人形劇』

(C)Backstage Studio Co., Ltd.

11月30日より公開の『台湾、街かどの人形劇』は、台湾の伝統芸能・布袋戯の人形遣いで齢80を超えた今も現役で活動し続けている人間国宝の陳錫煌(チン・シェーホワン)の10年に及ぶ日々を台湾ドキュメンタリー映画作家の楊力州(ヤン・リージョウ)監督が追い続けるドキュメンタリー映画です。

硬い無表情の人形に血の通った命を吹き込んでいく彼の神業ともいえるテクニックが劇中幾度も披露されていきますが、そのつど感嘆の溜め息をついてしまうほどの素晴らしさ!

時折、人形を支える木を持つ跡が皺とともにくっきり見える腕や手のアップが象徴的に映し出されますが、それはまさに職人の誇りともいえる年輪でしょう。

しかし洋の東西を問わず伝統芸能が廃れていく危機感に見舞われ続けて久しい現代社会の中、陳錫煌もそのことに対する焦りは隠せません。

今の彼には世界中から集まってきた弟子はいますが、その卓抜した技術を受け継がせていくのもなかなか大変なようです。

だからなのか、映画を見る観客にも布袋戯に興味を持っていただき、この伝統を継承してもらいたいといった想いもあってか、彼はキャメラの前で名人芸を披露することを拒むことはありませんし、特に人形を外した指の動きまで披露してくれるところなどは、その繊細さに圧倒されるのみです。

一方で、そんな陳錫煌の実父は同じく布袋戯の大家で人間国宝、そして映画『戯夢人生』(93)など侯孝賢監督作品の名優でもあった李天禄(リー・ティエンルー)です。

陳錫煌は李天禄の長男でしたが母方の姓・陳を継ぎ、次男が李の姓および父の亦宛然(イーワンラン)掌中劇団を継ぎました。

このことは父と子の間に深い葛藤をもたらすことになったようで、陳錫煌は今なおそれを払拭しきれないものもあるようですが、それでも79歳で陳錫煌伝統掌中戯団を結成し、父の芸を継承すべく腐心しているのです。

また布袋戯が廃れていた背景には政治的なものも大きく影響しています。

布袋戯は本来台湾語(福建省南部由来の言語)で繰り広げられるものですが、戦後の国民党政府は台湾国民に北京語を強要したものの、1970年代前半にTV放送された台湾語の布袋戯シリーズが大人気になったことを憂えた政府は布袋戯を禁止。ようやく再び上演が許されるようになった80年代後半までのおよそ10年の月日が伝統も人気も廃れさせてしまったです。

それを現在の位置にまで復権させたのが李天禄であり、その子・陳錫煌であった……。

このように本作は、布袋戯を通して伝統の継承や親子の絆、そして政治に翻弄される芸術の悲劇性などを巧みに訴え得ているのです。

クライマックスは陳錫煌の名人芸がとくと披露されていきますので、存分にご堪能ください。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com