時代劇を超えた時代劇!映画『合葬』の魅力に迫る。

cinemas_yakumo_vol.35

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

シルバーウィーク、いかがお過ごしでしたか?

八雲ふみねです。

01

私、八雲のシルバーウィークは、ドローン初体験。

…と言っても、映画『ドローン・オブ・ウォー』公開記念イベントでの出来事。

スポーツの秋。

…というコトで、ゲストはボクシング元世界王者の具志堅用高さんと、サッカー選手の本田圭佑のモノマネでお馴染みのじゅんいちダビッドソンさん。

そして、

日本初のドローン芸人、谷+1。さん!

本作の宣伝隊長の座を賭け、具志堅さんとじゅんいちさんが「縄跳び対決」、「リフティング対決」で互いの技量を競うも、勝負つかず。
そこで登場したのが、ドローン。
谷がドローンを操り、機体に乗せたマシュマロを空中から飛ばし、それを口でキャッチするという前代未聞の勝負が繰り広げられたのですが…。
これがですね、意外と面白い!

具志堅さんもじゅんいちさんも対決を忘れ、すっかり童心に戻ってチャレンジしてらっしゃいましたよ。

いやぁ、ドローンっていろんな使い道があるんですね〜。

なんて、悠長なコトは言ってられません。
この映画でのドローンの存在は、かなり深刻。
時代に即した社会派映画です!
『ドローン・オブ・ウォー』は2015年10月1日からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショーです。

さて。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.35

シルバーウィークをエンジョイし過ぎて、ちょっとお出かけを控え気味…。
…という方にも、是非、この映画を観ていただきたいっ。

9月26日(土)に全国公開したばかり、映画『合葬』の魅力に迫ります。

 


 

 

02

日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した杉浦日向子さんの傑作漫画を映画化した『合葬』。
幕末、最後の将軍・徳川慶喜の警護と江戸の町の治安を目的に結成された「彰義隊」に身を投じ、激動の時代を懸命に生きた若者たちの姿を描いています。
主演は、存在感ある演技が魅力的な柳楽優弥と、デビュー10周年を迎えますます飛躍する瀬戸康史。
そして二人の幼馴染み役に、若手実力派の岡山天音。
ほか、世界を舞台に活躍するオダギリジョー、旬の若手女優、門脇麦、桜井美南といったフレッシュなキャストが集結。
そしてメガホンを取ったのは、本作が長編映画初監督となる期待の新鋭、小林達夫監督。
「時代劇」という枠にとらわれない瑞々しい作風で、現代の若者にも通じる青春群像劇となっています。

彰義隊ゆかりの寺と言えば、東京上野・寛永寺。
この地で、『合葬』大ヒット祈願イベントを行った際、司会を務める前に境内を散策。
彰義隊の歴史に触れてみました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事