島崎遥香、これぞ女優魂!『劇場霊』初日舞台挨拶

 

cinemas_yakumo_vol.43

 

 

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

八雲ふみねです。

 

 

01

 

明日から12月。
2015年も残りわずかですね〜。

 

 

さて。

 

 

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.43

 

 

今回は…。

 

 

『劇場霊』初日舞台挨拶の模様をお届けします。

 


 

 

02

 

若さを保つため、少女の生き血を浴びていた女貴族の生涯を描く舞台に出演することになった、若手女優・水樹沙羅。
小道具として使われる球体関節人形が持ち込まれたことをきっかけに、女性スタッフの変死など劇場内に異変が起こり始める。
主演を務めるはずだった女優も転落事故で意識不明の重体に陥ってしまい、代役として沙羅が主演を務めることに。
しかしある日、舞台上で人形が動き出すのを目撃。
美術スタッフの和泉と共に、真相究明に乗り出す…。

『女優霊』で監督デビュー後、『リング』『仄暗い水の底から』『クロユリ団地』といった様々な恐怖映画を世に送り出してきた中田秀夫監督の最新作は、閉ざされた劇場を舞台に描くホラー映画。
突如現れる恐怖に襲われ、逃げまどう女優たちの戦慄を描いた本作。
フルスピードで駆け抜ける展開で、まさにジェット・コースター感覚で楽しめる映画です。
主演は本作が映画単独初主演となる、島崎遥香(AKB48)。
ほか、足立梨花、高田里穂、町田啓太(劇団EXILE)など、若手俳優たちの共演も大きな見どころ。
Jホラー誕生から20年。
新たな恐怖が、世界中を震撼させます。

 

11月21日公開当日、『劇場霊』初日舞台挨拶が行われ、島崎遥香さん、足立梨花さん、高田里穂さん、町田啓太さん、小市慢太郎さん、中田秀夫監督が登壇。
私、八雲ふみねが、司会を務めました。

 

03

 

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事