牙狼〈GARO〉っとガロ情報:『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』「牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝-」

続いての登場は、劇場版『牙狼-DIVINE FLAME-』から林祐一郎監督。

5月21日から新宿バルト9ほか全国公開となる新作について、たっぷりお話を伺いました。

 

05

 

劇場版『牙狼-DIVINE FLAME-』は、2014年から放送され た「牙狼‐炎の刻印‐」の4年後を描く、新作劇場版アニメーション。
1年にわたって、寝る間も惜しんで本作の製作にいそしんできた林監督。
披露困憊していらっしゃるのかと思いきや、この日はいつも以上にすっきり晴れやかな表情で…。

 

「監督、もしかして…。 完成、したんですか????」

 

恐る恐る、バックステージで私が伺うと、

 

「はい!すぐにでも見てもらいたいほど、かなりの手応えを感じています」と、満面の笑顔。

 

うっひょ〜、これは期待が膨らみますっ!

 

スペシャルステージでは、JAM Projectによる主題歌に乗せて、約1分半のプロモーション映像を初上映。
そのクオリティの高さに、客席からも感嘆の声が上がるほど。
「1シーン1シーンがとても濃密。この迫力を是非スクリーンで体感してほしい」と、力強く話して下さいました。

 

そんな劇場版『牙狼-DIVINE FLAME-』。
私、八雲ふみねもいち早く初号試写で拝見しました。

 

06

 

黄金騎士ガロの称号を受け継いだレオンたちが、隣国バゼリアに巣食う“最も美しい”と言われるホラーとの激闘を切り広げる本作。
アクションシーンでは、アニメーションならではの表現方法を追求。
スピード感と圧倒的な迫力は、目を見張るものがあります。

 

そして、気になるストーリーは…。

 

これがちゃんと『牙狼<GARO>』なんですよ。

 

 

そんなの当たり前じゃん!

 

 

…と、総ツッコミが入りそうですが。

 

『牙狼<GARO>』シリーズを語るうえで重要なキーワードやスピリットがちゃ〜んと盛り込まれていて、
しかもレオンを中心としたキャラクターたちの新たなストーリーとしても、きちんと成立している。
もう、目からウロコなんでですよっ。

 

…っとっとっと。

 

マズイなぁ、この調子だとエンディングまで書いてしまいそうだなぁ〜。

 

…というコトで、是非、映画館でご覧下さい ♪

 

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com