「湯を沸かすほどの熱い愛」は、カルトホラーの傑作にして今年のベスト1!

「湯を沸かすほどの熱い愛」main_s

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

劇場公開後、とにかく「泣けた!」「感動した!」とのレビューが多数寄せられている映画、それがこの「湯を沸かすほどの熱い愛」だ。
ネットでの観客の評価でも、5点を付ける方が多い本作だが、しかしその反面「全くダメだった」、「自分には合わない」など、真逆の意見が見受けられるのも事実。
予告編や観客の反応からすると、親子の愛と家族の絆を描いた難病物映画だろう。そんな予想で今回鑑賞に臨んだのだが、果たしてその出来はどうだったのか?

ストーリー

1年前、夫である一浩(オダギリジョー)が突然消息不明になって以来、妻の双葉(宮沢りえ)と娘の安澄(杉咲花)は二人で銭湯・幸の湯を守り頑張ってきた。銭湯は休業のままだったが、双葉は近所のパン屋でのパートを続けながら、興信所に一浩の行方を調査させていた。だがある日、突然双葉がパート先で急に倒れてしまう。検査の結果末期ガンだと判明。双葉は、娘の安澄が自分がいなくなっても生きていける様に、「困難な状況でも決して逃げるな」と、厳しく接するのだった。彼女は自分に残された時間を使い、家族と幸の湯を再生させようとするのだが・・・。

「湯を沸かすほどの熱い愛」sub1_DSC_4550_s

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

本作は間違いなく傑作!但しカルトホラー映画として

予告編や宣伝から受ける印象では、本作の内容は「家族愛と難病物の感動作」。
おそらく劇場に見に行って、本作が合わないと感じた観客の方々も、そうだったのではないだろうか?

実際自分も、冒頭の部分では母親の娘に対する強い愛と、娘が母親に寄せる秘めた愛情を良く描いていると思い、素直に泣ける映画だと感じたのだが・・・。
徐々にスクリーンに展開する数々の一種過剰な描写に、次第に「違和感」と「不穏な空気」、それに一種の「毒」を感じる様になり、娘の安澄が取る中盤のある行動で、「うわ、これは無いわ・・・」そう思ってしまった。

しかしその後は、「ひょっとして、この映画は表面上は感動作と見せて、実はその裏に毒を隠しているのでは?」そのように脳内変換し、視点を変えて鑑賞したところ、実はこれが物凄く面白かった!
そう考えてみれば、あのとんでもないラストでさえ、受け入れられる気がするから不思議だ。

「湯を沸かすほどの熱い愛」sub5_366_s

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

オダギリ・ジョー保険金目当て説、あの赤ちゃん多分大怪我してる説など、本作に巧妙に隠された毒とは?

妻である宮沢りえのお見舞いに行かず、末期ガンの患者が運転する車に娘二人を乗せて長距離ドライブに送り出し、自分は家にいるオダギリ・ジョー!
更には宮沢りえの死後も、銭湯を松坂桃李にまかせて自分はパチンコに行くなど、「オダギリジョー、実は妻の保険金目当て?」とも思わせる本作の展開。

また、ラストのある展開において、宮沢りえが投げた物がガラス窓を割るのだが、ガラスが割れる音に続いて人々の悲鳴が!「え、確か窓際で赤ちゃんが遊んでなかったっけ?」、そう思われた方もいたのでは?

実はこのシーン以外にも、とにかく過剰な描写や突飛過ぎる行動を取る人物が続出する本作。おそらくその辺りが、「どうしても、この作品に乗れなかった」という原因になっているのだろう。
ここは、是非とも一度視点を変えて見て頂いて、本作に隠された「毒」を味わうという、また別の楽しみ方を試してみてはいかがだろうか?(これは、あくまでも個人の見解です。念のため)

湯を沸かすほどの熱い愛 オダギリジョー

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

最後に

とかく人気漫画の実写化や、テレビドラマの劇場版などが製作・公開され易い日本の映画界において、商業映画デビュー作を今回オリジナル脚本で撮った中野量太監督の力量と将来性は、本作の素晴らしい出来にも良く現れている。
これだけ多くの観客の感情を動かす脚本と演出力だけに、当然ながら次回作にも期待が集まるところだ。
不幸にして本作が合わないと感じた方も、このレビューの様に一度視点を変えて鑑賞してみると、また違った楽しみ方が出来るかも知れない。

予告編や評判と、自分が見た印象が違うことは良くあること。見る人によって評価が違って来たり、作品の評価が賛否両論に分かれるのは、実は「優れた映画」の証明だと言える。鑑賞後、本作の内容について色々と語れる映画になっているので、是非劇場に足を運んで頂ければと思う。
間違いなく、今年の邦画ベスト1なので、全力でオススメします!

(文:滝口アキラ)

関連記事

「淵に立つ」は必見の問題作!「地獄の寅さん」浅野忠信は、実は無実だった?
映画「エヴォリューション」少年達と母親だけが棲む島の秘密とは?
映画「ミュージアム」を「シン・ゴジラ」ファンが絶対観るべき理由とは?
「デスノート」新作は、池松壮亮の色気と魅力が爆発する正当な続編!
伝説の映画「狂い咲きサンダーロード」完全復活イベントは、奇跡の連続!

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • はな
    • 猫ライター(登世子)
    • 田下愛
    • 奥浜レイラ
    • グアリーニ・ レティツィア
    • 北川菜々子

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo