暴力、麻薬、死と隣合わせ…無法地帯の最前線を描く『ボーダーライン』

ボーダーライン

『ゼロ・ダーク・サーティ』『アメリカン・スナイパー』に続くサスペンスアクションとして話題の映画『ボーダーライン』が2016年4月9日より公開となる。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作『ボーダーライン』

ボーダーライン

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)に召集され、謎のコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは――

ボーダーライン

映画『ボーダーライン』は、暴力、麻薬、死が日常と隣合わせに存在する無法地帯で繰り広げられる最前線での攻防を、極限の臨場感で描き出すサスペンス・アクション。『プリズナーズ』『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作だ。アメリカでの公開は、わずか6館でのスタートながら、最終的に2,620館まで拡大し大ヒット、第68回カンヌ映画祭コンペティション部門、第40回トロント国際映画祭に正式出品されたほか、ナショナル・ボード・オブ・レビューでスポットライト賞を受賞した話題作となっている。

さらに先日、第66回アメリカ映画編集者協会(ACE)エディ賞のドラマ映画部門(1月29日授賞式)、アメリカ脚本家組合(WGA)賞の映画部門・オリジナル脚本賞(2月13日授賞式)にそれぞれノミネートされたことも発表となり、受賞も期待されている。

ボーダーライン

衝撃的な現場に送り込まれるFBI捜査官を、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが演じる。ほか『トラフィック』でアカデミー賞・助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロ、『ノーカントリー』のジョシュ・ブローリンが脇を固める。

ボーダーライン ベニチオ・デル・トロ

ボーダーライン ジョシュ・ブローリン

『ゼロ・ダーク・サーティ』『アメリカン・スナイパー』に続く、サスペンスアクション作品。映画『ボーダーライン』は、2016年4月9日、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。

Photo by Richard Foreman Jr. SMPSP
(C)2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

画像ギャラリー

関連リンク

度肝抜くノーCGエクストリームアクション『X-ミッション』予告動画
邦題決定!7年間監禁されていた母子の脱出を描くベストセラー小説の映画化
フォースが覚醒する?!映画『フィフス・ウェイブ』特別予告映像を公開
CIAの極秘計画を題材にしたラブ&アクション『エージェント・ウルトラ』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • しましま
    • 立岡未来
    • 村松健太郎
    • 斉藤守彦
    • 大場ミミコ
    • 桜井

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo