決して破ってはいけない“10のルール”―映画『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』

人形・怨霊系ホラーと猟奇ホラーのジャンル・スイッチ・ホラー『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』が2016年夏に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが解禁となっている。

人形・怨霊系ホラー&猟奇ホラー映画『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』

ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

過去との決別のために新天地にきたグレタ(ローレン・コーハン)は、老夫婦と暮らす8歳の男の子のベビーシッターのアルバイトとしての仕事に就いた。しかしその少年は人間サイズの人形だった…。冗談かと思い笑うグレタを前に、老夫婦はその人形を「ブラームス」と呼び人間として溺愛しグレタを驚愕させる。さらにその人形を世話する時の「必ず守らなくてはいけない」10のルールを知らされグレタは衝撃を受ける。やがて老夫婦が旅行に出かけ不在になった屋敷でグレタはルールを無視し始めた時から人形に奇妙な現象がおき始める。それは想像を絶する惨劇の始まりだった。一体人形に何が起こりはじめたのか?人形の秘密が明かされるとき、まさかの展開があなたを襲う――

ザ・ボーイ〜人形少年の館〜 ポスター映画『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』は、1人の女性が、老夫婦と暮らす人間サイズの少年の人形のベビーシッターを引き受けたことで巻き起こる人形・怨霊系ホラーと猟奇ホラーのジャンル・スイッチ・ホラー。アメリカだけで制作費の約6倍を超える興行成績を成し遂げたことでも話題となっている。
 
主演を務めるのは、人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズのマギーを演じたローレン・コーハン。製作には『アンダーワールド』『ミリオンダラー・ベイビー』のゲイリー・ルチェッシ、『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』のロイ・リーらが揃っている。
 
解禁となったポスタービジュアルは、少年サイズの人形・ブラームスを抱えているグレタと、決して破ってはいけない“10のルール”が刻まれ、おぞましい雰囲気を醸し出すものとなっている。
 
映画『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』は、2016年夏、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー。

(C)2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC AND STX PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved

関連リンク

検索したら呪われる…恐怖のSNSホラー『アンフレンデッド』日本公開決定!
夏の映画戦線はもう始まっている……これから公開される映画の予告編をチェック!
どーする? どーなる? 2016年夏休み興行
本物のホラー映画の〝恐怖〟は〝不安〟から生まれる

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 茅ヶ崎の竜さん
    • 奥浜レイラ
    • 井上大輔
    • じぇみじぇみ子
    • firstserver
    • 黒宮丈治

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo