杉浦日向子没後10年―映画『合葬』W主演、柳楽&瀬戸のコメントが到着

2015年9月26日より全国公開となる映画『合葬』でW主演となる柳楽優弥・瀬戸康史が、原作者・杉浦日向子の命日へ寄せたコメントが到着した。

合葬

映画『合葬』は、伝説の漫画雑誌『ガロ』に連載され日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した杉浦日向子の同名傑作の実写映画化作品。映画『天然コケッコー』や連続テレビ小説『カーネーション』などを手掛けた人気脚本家・渡辺あやが脚本を担当、メガホンをとるのは新進気鋭の小林達夫監督。

合葬

主演は存在感のある俳優として評価が高い柳楽優弥と、今年デビュー10周年を迎えますますの飛躍を見せる瀬戸康史の二人が務め、幕末、時代に翻弄された「彰義隊」の若く儚い一生涯を、現代の若者にも通じるリアルな青春群像として紡ぎ出す。

原作者の杉浦日向子は、1984年に本作の原作である『合葬』で日本漫画家協会賞優秀賞、1988年には『風流江戸雀』で文藝春秋漫画賞を受賞し、1980年代の江戸ブームを牽引した人物。2005年7月22日に他界、没後10年となる今年は代表作のひとつ『百日紅』がアニメ映画化され話題となった。

映画『合葬』で主演をつとめる柳楽優弥・瀬戸康史が、寄せたコメントは以下の通り。

合葬

極役・柳楽優弥

初めて杉浦さんの漫画、『合葬』を読んだとき、すごく引き込まれ、切なさや儚さがある中でも親しみやすい作品だと思いました。
時代劇であり青春の要素も含まれ、どの世代の方にも共感して頂ける作品になったと思います。魅力的に存在する登場人物も、『合葬』に親しみやすい要素のひとつです。
僕が演じた極は、悲しいくらいにまっすぐ生きています。その生き方は、とても勇気がいることだと感じました。そんな極にどこまで近づけられるかという事が自分にとっての一つのテーマでした。

できることならば、是非杉浦さんに観て頂きたいです。自信をもってお届けできる作品です。

柾之助役・瀬戸康史

杉浦日向子さんの原作を知ったのは、今作の映画『合葬』に関わらさせていただくことになってからで、それから何作か続けて読みました。
共通して思うのは、杉浦さんはタイムトラベラーなのではないかということ。そうでなければ、登場人物や風景をあんなに細かく描けないと思う。僕が『合葬』で演じた吉森柾之助もそうです。
時代が変わろうとしている激動の時代に、一人だけ時代にとり残されたような人物で、異質な雰囲気を放っている。杉浦さんが自身の目で見て、感じてきたからこそ描けるのではないでしょうか。

僕は演じる上で原作の異質な雰囲気は壊したくなかったですし、時代や人を少し違った目線で見ている柾之助を大切に演じました。彰義隊の隊士達はほとんど亡くなってしまいますが、僕は生き残った者に悲しさよりも希望をみた。

杉浦さんが今作を見て、最後にはどこか希望を感じられる作品になっていたらと思う。

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

関連リンク

オダギリ&門脇麦の時代姿!映画『合葬』追加キャスト発表&場面写真公開
動物癒し時代劇の劇場版第2弾『猫侍 南の島へ行く』15年9月に公開決定
「届けー!」命を懸けたカウントダウンがはじまる―『天空の蜂』本予告解禁
忽那汐里の出演も!カンヌ監督賞『黒衣の刺客』日本オリジナル版で劇場公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 小峰克彦
    • 砂流恵介
    • タクスズキ
    • kamito努
    • 木村うい
    • 増當竜也

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo