リーマンショックの裏側で起きた実話を描く『マネー・ショート』予告動画

世界経済を襲ったリーマンショックの裏側で起きた実話を元に描く映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の予告動画が公開となっている。

その男たちは何を画策したのか?『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品・サブプライム・ローンが、数年以内にデフォルト・債務不履行に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策する。

同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレッド(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる――

マネー・ショート 華麗なる大逆転

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は、映画『マネーボール』の原作者であり、アメリカを代表するベストセラー作家・マイケル・ルイスが描いた、世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちを描く実話を元にした作品。

ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンに、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットといった人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結。映画『マネーボール』に続いてブラッド・ピットが、本作のプロデューサーをつとめる。

2015年度のゴールデン・グローブ賞では、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレルが主演男優賞にWノミネート、第87回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ではアンサンブル演技賞などを受賞するなど、公開前から話題となっている。

本作のメガホンをとったアダム・マッケイ監督が「君たちのルックスを捨ててくれ」と指示したとのことで、豪華キャスト陣が集結した本作にも関わらず、彼らの華やかさを打ち消し、それぞれが個性豊かなアウトローになり切っている様子を予告動画でも確認することができる。

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は2016年3月より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開。

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』ゴールデングローブ賞3部門ノミネート
メリル・ストリープが実娘と共演『幸せをつかむ歌』2016年3月公開
真田広之も出演!93歳のシャーロック・ホームズが未解決事件に再び挑む
人間とロボットの共存がやがて…近未来SFスリラー映画『オートマタ』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • 石原弘之
    • 川口裕樹
    • 猫ライター(登世子)
    • 井上大輔

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo