『ズートピア』、あまりにも深すぎる「12」の盲点

ズートピア (C)2016 Disney. All Rights Reserved.

公開から1ヵ月が経過してもまだまだ大ヒット中の『ズートピア』。本作のおもしろさ、奥深さには、並々ならぬものがあるのはもうご存知ですね。

前回は以下のような記事を書かせて頂きました。
『ズートピア』は吹替版と字幕版では訴えられていることが違う!?それぞれのバージョンでわかる表現のまとめ

今回はは、ウサギのジュディの性格の描写がどれだけ優れていたか、またキツネのニックがいかにイケメンであったか、そして作中で示されていた“秘密”を解説します。

なお、1ページ目には大きなネタバレはありませんが、2、3、4ページ目には重大なネタバレがあります! まだ映画を観ていない方はお控えください!

1.ジュディの“正しい”性格とは?

ウサギのジュディは“差別や偏見を許さない”性格であると描かれていました。例を挙げると以下のようなものです。

・ズートピアに旅立つ前
父親の「都会は怖いんだぞ!中でもキツネは最悪だ!」という忠告に対して、ジュディは「キツネ全部がイジワルじゃないわ。性格の悪いウサギだっているわよ」と返す。

・チーターのクロウハウザーと出会ったとき
ジュディは「あのね、ウサギは小さくてかわいいけど、だからって見た目で判断されるのは、あまり、その……」と言う(字幕版では「ウサギどうしでかわいいって呼ぶのはいいけど、ほかの動物に言われるのはちょっと……」になっている)。

・ゾウ用のアイスを買おうとしている詐欺師親子(ニックとその仲間のフィニック)に出会ったとき
アイス屋のゾウは「お前の街にはアイスはないってことか?字は読めないだろうがな!」と詐欺師親子に言っており、その言葉にジュディは耳をピクンとさせて反応。その後は親子を救うために行動する(これは識字率が低い地域への差別と偏見になっている)。

・スイギュウのボゴ署長に「カビの生えた玉ねぎを取り返したのは立派だが」と言われたとき
ジュディはその野菜が玉ねぎではないことを指摘し、正式な名前を言う。

どうでしょうか。ジュディは一見して、差別や偏見を許さない、“見た目、種族、価値観で評価するのを嫌う”という“正しい”性格をしているように思えるでしょう。しかし、そのほかのシーンでは……

    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」運営中。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。映画に対しては毒舌コメントをしながら愛することをモットーとしています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • ながち
    • 久保田和馬
    • 川口裕樹
    • 滝口アキラ
    • 廣田喜昭

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo