あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-02-25

「かの鳥」白石和彌監督×『不能犯』白石晃士監督が松坂桃李を語る!

SHARE





(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会


──ちなみに、松坂さんの魅力ってどんなところでしょうか。

和彌監督:そもそも僕はイケメンが好きじゃないんですよ。「かの鳥」の裏テーマも“イケメンと付き合ったらロクなことにならないからね”っていうメッセージが込められてるんだけど(笑)。

松坂くんは当然イケメンなんですけど、そこから、頭ひとつ抜けだした感がある。毎回思うんだけど、クレバーなんだよね。映画の中の自分の役割とかを本人がどれだけ考えているのか、聞いたことはないですけど、ちゃんと理解しきっている感じがあるんですよね。

それは「かの鳥」で水島のようなゲス男のポジションと、『孤狼の血』でバディもののように役所広司さんの隣で真ん中にどっしりいてくれた感じ、両方やったからすごく感じるというのはあるんですけど、自分の役割と、だからこそ今こういう芝居なんだというのを、バランスよく見ているなと感じますね。

──もともと持っていたイメージと、現場で感じたギャップはありますか?

和彌監督:よく、桃李くんは本当に人がいいとか、スレてないとか、芸能人っぽくないとか、聞いてましたけど、本当にそのとおり。

晃士監督:そう! 僕も周りからそういう話をちょいちょい聞いていて、そこはそのとおりでしたね。我々に見せてない部分もあると思いますけど(笑)。




和彌監督:実際に仕事をして感じたのは、心配になっちゃうくらいに真面目。

晃士監督:仕事はとにかく真面目だし、自分でやれることはなるべく限界までやる。だから『不能犯』も宣伝のために、役者の本業ではないバラエティ番組に出るっていう仕事もめちゃめちゃやってくれました。普通、あそこまでやってくれないですよ。

和彌監督:超、出てたもんね。

晃士監督:多分、普通はありえない。だから今ヒットしているのは、それだけ松坂くんが頑張ってくれたおかげだと思ってます。もちろん、役に対する気持ちも真面目だし。だから、各作品のことはもちろん見ていると思うんですけど、ちゃんと遠くを見ているというか、俳優という大きな仕事の向こう側を見ながら、広い海に向けて舵をきっている感じがするな、と。

和彌監督:あぁ、それはそう感じる。

晃士監督:そこがあるから、信じられるというか。

和彌監督:人生において、自分がどういう時期にいるのかとか、結構俯瞰で見てるんですよね、きっと。

あと、栄養ドリンクを毎日3本くらい飲むんですよ。それはやめたほうがいいぞ、って書いておいてください。心配だぞ、って。朝必ず1本飲んで、朝ごはんはバナナ1本しか食べないんだよね。



(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会


晃士監督:よう知ってますね〜。そこまで全然知らないです(笑)。ちなみに、「かの鳥」で松坂くんのシーンの最後があるじゃないですか。あのリアクションについては、演出的にはお互いにどんなやりとりをしたんですか?

和彌監督:無様に去っていってほしい、というのは話しましたね。

晃士監督:あぁ〜。

和彌監督:台本には1行もないんだけど、この状況なら思わずこう言うでしょう、ということを大げさにやってほしいと伝えたら、彼はそれを噛み砕いてくれて。何回かやってもらいました。無様に去っていく、というのがあそこのテーマですね。

NEXT|次ページ > 境界線をこえる瞬間が観られる白石晃士作品

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録