あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-01-19

その他

♯衝撃を受けた特撮・アニソンの歌詞 を熟考!厳選した3曲を紹介



その曲は『超人機メタルダー』の主題歌で、ささきいさおさんが歌う、

『君の青春は輝いているか』

当時4歳の僕にはタイトルの意味がさっぱりわかりませんでしたし、曲調も子供が好むハイテンポのロック調ではなくスローテンポのオペラ調。

買ってもらったこの主題歌が入ってる「コロちゃんパック」のカセットテープも、しばらくはこの曲を飛ばしてエンディングの水木一郎さんが歌う『タイムリミット』ばっかり聴いてました。

まずは歌詞を見てください。

「君の青春は輝いているか 本当の自分を隠してはいないか
君の人生は満たされているか ちっぽけな幸せに妥協していないか」

そしてサビの最後には、

「愛が欲しければ誤解を恐れずに ありのままの自分を太陽にさらすのだ」

この歌詞を子供に理解しろといっても難易度が高すぎます。

青春だの人生だの妥協だの初めて聴くフレーズばかり。

しかし、曲のパワーでしょうか。

なぜか次第に『君の青春は輝いてるか』を聴くようになり、どんどんこの曲の虜になっていきました。

しばらく経って、歳を重ねて成長して何気なしにこの曲を口ずさんでみたときに、ふと気づくのです。

なんて深く壮大な歌詞なんだと。

こんないい歌詞を、ささきいさおさんは僕らに向けて歌い上げてくれていたのかと。

子供に向けたわかりやすい曲も好きですが、こうして時間経ってから体に染み込む浸透速度が遅い曲は潜伏期間が長かった分、表面に出てきた時にはじっくり熟成されており、人生に旨味を与えてくれました。

ゆえに特ソンは人生の教科書と言えるでしょう。

皆さんの教科書にはどの曲が書かれてるか、是非教えてください。

(写真・文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第139回:『魔進戦隊キラメイジャー』への興奮を語る!絶対面白い作品になると確信できる理由とは?
第138回:オジンオズボーン・篠宮暁が仮面ライダー関連仕事を振り返り!2019年は例年以上に興奮した1年
第137回:『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』は120点の傑作映画!高評価の理由とは?/a>

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録