あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-03-11

ニュース

踊る映画ブーム到来!?『ヲタ恋』『サーホー』『スウィング・キッズ』など注目作6選




映画史上空前の大傑作『バーフバリ』シリーズで数奇な運命に導かれた伝説の戦士、バーフバリを演じたインド映画界のトップ・ヒーロー、プラバースが主演を務めた最新作『サーホー』が3月27日(金) に公開される。

インド映画と言えば、ストーリーの途中で急に情熱的な歌と踊りが展開し、観客を釘づけにしてきたが、昨今はインドに限らず、日本やインド以外の海外でも映画で踊るのがスタンダートになりつつあるのはご存じだろうか?これまではストーリーの途中に踊る映画=インド映画と思われがちだったが、特に今年はダンスでの表現を絡めた作品が公開ラッシュ!その中でも注目の6作品をを紹介する。

『ヲタクに恋は難しい』公開中




(C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会
(C)ふじた/一迅社


高畑充希と山﨑賢人がダブル主演を務め、福田雄一監督メガホンを取った作品。「隠れ腐女子」と「ゲームヲタク」が奏でるラブストーリーだが、数々のミュージカルの舞台で魅力的な歌声を披露してきた高畑充希が主演とあって、まさに歌うラヴ・コメディ映画となっている!

作中で高畑は何と9つの楽曲を歌い上げており、山﨑賢人は今作でダンスと歌に初挑戦!クランクイン1ヶ月前からレッスンをスタートさせたという。作中では、高畑が声優アイドル風コスプレ姿で、渋谷のど真ん中で踊るシーンや、ビックサイトの前で山﨑らと集結して踊るシーンなどもあり、まさにダンスムービーと言っても過言ではない!

『キャッツ』公開中




(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督がメガホンをとり、全世界累計観客動員8100万人を記録したミュージカルの金字塔を映画化。舞台版「キャッツ」は、24匹のネコたちによる歌とダンスで展開していくが、映画版はその猫たちの中からヴィクトリアの目線でストーリーが紡がれている。

ミュージカル原作とだけあって、ヴィクトリアを演じるのは英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサー、フランチェスカ・ヘイワード。さらに他にも様々なジャンルのダンサーたちが集結。集まっている。映画だからこそできるダイナミックさで、舞台とは一味違った迫力あるダンスが凝縮されている。

『スウィング・キッズ』公開中




(C)2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved


一見、ダンスとは縁遠い舞台背景となる朝鮮戦争中の巨済島捕虜収容所が舞台の作品。収容所のイメージアップのために寄せ集められたタップダンスチームのメンバーたちを中心に、人種や思想を超えたダンスで絆を深めていく。

劇中ではベニー・グッドマン「Sing, Sing, Sing」、ザ・ビートルズ「フリー・アズ・ア・バード」、デヴィッド・ボウイ「モダン・ラブ」といった往年の名曲にのせて、華やかなタップダンスが繰り広げられる。もちろんこの圧巻のタップダンスは9割近くを実際にキャストが演じているというから驚きだ!

『踊ってミタ』公開中




(C)2020「踊ってミタ」製作委員会


日本独自のカルチャーである「踊ってみた」「ボカロ」「Vtuber」を題材にした作品。「町おこし」のため、希薄な人間関係を解消すべく「踊ってみた」を通じて触れ合うことによって、生きる活力や絆をとり戻していく姿を描いていく。“インターネットカルチャー”と、“町おこし”という異色のテーマを融合した、新しい作品となっている。

主演には若手実力派俳優でダンス経験も豊富な岡山天音が、ヒロイン役には、ドラマ、CM、MVなどでも活躍する加藤小夏が抜擢され、楽曲提供をボカロプロデューサー・40mP、振り付けを踊り手・めろちんが担当するなど、実際に活動しているクリエイターたちが参加し、バラエティ豊かなキャスト立ちによるダンスが繰り広げられている。

『ダンシングホームレス』公開中




(C)Tokyo Video Center


ホームレスたちとダンス集団「新人Hソケリッサ!」の姿を追ったドキュメンタリー作品。ダンスで生活したいという主人公・西篤近が、路上生活経験者だけで構成されるダンスグループと出会うことから物語は始まる。プロではないがダンスを生きがいにしている彼らの命を懸けたダンスは釘付けになること間違いない。特にクライマックスで待ち構える13分を超えるダンスはホームレスたちの渾身の肉体表現となっている。

『サーホー』3月27日(金)公開





プラバース主演作とあって、前代未聞のアクションや驚天動地な展開に期待せざるを得ない本作だが、ダンスシーンももちろん圧巻!『バーフバリ』シリーズで見せた情熱的なダンスたちにも負けてはいない。

本作で最初に見せるのは、犯人を追うために潜入したクラブで見せるお立ち台だ!アショークが地味な格好を指示したにもかかわらず美人捜査官のアムリタは周囲も目を引くセクシーなドレスで登場!さらには捜査中にもかかわらずアショークを誘うようなセクシーダンスを100人以上のお立ち台で繰り広げる。このダンスシーンは1回見ただけで耳に残ってしまうような強烈なインパクトだ!




他にもアショークとアムリタ二人きりでのロマンチックなダンスや、アショークが戦車の上で多数の美女たちと繰り広げるダンスなど、思わず体が動いてしまうような情熱的なダンスが多数展開している。

映画=ダンスと言っても過言ではないレベルでダンスムービーのラッシュとなる2020年。映画館の大スクリーンで見れば彼らと踊っている気分が味わえることは間違いない。このダンスムービーブームに乗り遅れるな!

⇒他の記事も読む