あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「岸辺露伴は動かない」第3話感想&総括:「だが断る」なんて言わないで!シリーズ化に期待のワケとは?

SHARE


「岸辺露伴は動かない」関連記事

実写版「岸辺露伴は動かない」、放送前から好評な理由(ワケ)|ネタバレ感想も順次掲載

「岸辺露伴は動かない」第1話感想:あっという間の49分「あれ、面白かった!」

「岸辺露伴は動かない」第2話感想:岸辺露伴VS志士十五!二人の怪演に引き込まれる視聴者が続出!

第3話感想&総括

12月28日から3夜連続で放送されたドラマ「岸辺露伴は動かない」(NHK総合)が30日の放送終了後も多くの視聴者が話題にし、盛り上がりをみせている。放送前から完成度の高さに期待を寄せている声が多かったが、実際に放送がはじまると原作の世界観を損なわない仕上がりに「とにかく面白かった」、「高橋一生さんの露伴役が最高!」とファンらが歓喜。そしてなによりもシリーズ化を期待している声が多かった。

3夜連続の放送を見終えて思うことは、各回をまるで一本の映画のように仕上げた制作側に大きな拍手を送りたい。ここまで視聴者が絶賛するワケは、制作側と出演者が完璧の仕事をした結果がそのまま視聴者に届いたドラマだったからだろう。原作が漫画である場合は、とくに実写化は難しいといわれている。そんな中、今回の試みは大きな成功といえる。

また、放送後の視聴者の中には「ジョジョを知らない親と一緒に見たけれど、親のほうがはまっていた」、「原作は読んでない。でも、普通に面白かった」「原作を読んでみたい」などといった声も多く見られた。

ドラマ全体の感想の前に30日に放送された、第3話について触れておこう。第3話の「D.N.A」は、2017年に少女マンガ誌「別冊マーガレット」の9月特大号に掲載。のちに「岸辺露伴は動かない2」(ジャンプコミックス)のエピソード#08として収録された。

露伴の担当編集者である泉京香(飯豊まりえ)が彼氏である平井太郎(中村倫也)の事故で失った記憶を露伴に催眠術(ヘブンズ・ドアー)を使って読み解いて欲しいと願うところからはじまる。京香が露伴に平井を紹介していると、バギーに乗った不思議な少女が平井の洋服の裾をつかみながら「はちにんこ」と発するところから物語の本筋へと入っていく―。

第3話を詳しく解説したいところだが、年明け早々に再放送が決定したのでネタバレはこれくらいにして、ドラマ全体の感想を話そう。

今回の「岸辺露伴は動かない」はドラマ全体をレトロな雰囲気で見せてくれた点も魅力だった。脚本は、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のシリーズ構成を担当した小林靖子(こばやし・やすこ)さん、音楽はジャズ・ミュージシャンの菊地成孔(きくち・なるよし)さんが担当。個人的にはエンディング曲が非常に印象深く、作品とマッチしていて素晴らしかった。露伴の自宅のセット、小道具一つひとつを取っても「露伴らしさ」が散りばめられており、視覚的にも楽しむことができた。

原作を知っている人が、今回の作品を「NHKで実写化」と聞いたときは驚いたかもしれない。しかし、巧妙な脚本・演出に定評のあるNHKのドラマには最適だったように思う。そして、第2話の感想でも触れたが今回の「岸辺露伴は動かない」はCMがないNHKか映画向きだと改めて感じた。視聴者がどっぷりと露伴の世界に入ることができる環境は、とても大事だからだ。

「超」が付くほど偏屈な岸辺露伴。だけど、どこか憎めない年齢不詳な雰囲気を高橋一生さんが役者魂をかけて演じてくれたように思う(ちょっと言いすぎかもしれないが……)自身も原作のファンだったようなので、思い入れも強かったのではないだろうか。また、そこまでセリフは多くはないけれど、独特の佇まいをみせた中村倫也さんもよかった。表情やしぐさだけでこんなにも存在感を見せることができるのかと感心してしまい、今回の作品で一気にファンになった。

ホラー要素の強い原作を、ヒューマンドラマ仕立てにした今回の「岸辺露伴は動かない」。奇妙さは満載ではあるものの、後味の悪さを感じさせない作りが視聴者をくぎ付けにした理由なのかもしれない。私も多くの視聴者と共にシリーズ化を強く願っている。再放送も予定されているので、まだ観ていない人には絶対にみてほしい作品だ。

(文:駒子)

再放送スケジュール

第1話:2021年1月4日午後11時40分~午前0時29分

第2話:2021年1月5日午後11時40分~午前0時29分

第3話:2021年1月6日午後11時40分~午前0時29分

参照:NHK公式HPより

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録