あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-03-14

その他

Snow Man、初週売上40.6万枚で1st映像作品の売上歴代1位!「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.」全曲感想|「この9人でテッペンを目指していく」意志が詰まったデビューコンサート

SHARE



Snow Manのデビュー後初となるコンサートツアー「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.」のDVD・Blu-rayが発売された。当初2020年3月に行われる予定だったこのツアーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された後振替公演が発表されていたが、最終的に2020年10月に無観客・配信という形で4日間9公演行われた。


全体の感想

もっと長いメンバーはデビューまで実に15年の下積み期間を経てデビューをつかんだSnow Man。苦労してやっとここまで来たところに、未曽有の事態により配信となったことはファン・メンバーともに残念な気持ちはゼロではなかったと思う。だが、そこからさらに前を向いた9人が出せるすべての力を4日9公演というハードスケジュールにぶつけたステージは、配信だということを忘れる瞬間もあるくらい熱かった。

当初2020年3月に向けて練習していた時点では、数人ずつのメンバーに分かれて披露する曲や、先輩グループの曲をやる予定があったようだが、全編Snow Manのオリジナル曲・9人での歌唱で構成された。「この9人でSnow Man」「この9人でテッペンを目指していく」というメンバーの強い意志をあらためて感じるデビューコンサートとなった。披露されたオリジナル曲は実に23曲、どれも歌もダンスも魅力的な曲ばかり。すべてを高いクオリティーで魅せてくれた。パフォーマンス力の高さだけでなく、9人の仲の良さやわちゃわちゃ感も楽しめ、てんこ盛りのお得セットみたいな内容だった。「この金額でこんなにいいもの見せていただいていいんですか?」という気持ち。

またラストの挨拶には毎回時間が割かれ、デビューコンサートならではの喜び、感謝、悔しさなどを一人一人が自分の言葉で伝えてくれた。複数回公演があるものって、ラストに特に気合が入るイメージがあるが、このSnow Manのコンサートは9公演どれも全力だなと感じた。どの公演にもグッとくるポイントがあり、9公演すべて観てもそれぞれ違う感動があった。このコンサートを通じてよりSnow Manを大好きになったし、これからの彼らがさらに楽しみになった。

望んだ形ではなかったかもしれないが、無観客配信だったから、望むすべての人がデビューコンサートを見届けられた。そして、延期を経て考え直した内容だったから、より「この9人で」を意識した構成を観られた。彼らなら、どんな逆境も全部最高の未来へのステップに変えていける。あらためてそう確信できたコンサートだった。ありがとうSnow Man。大好きだSnow Man。

NEXT|次ページ > 全曲の感想

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録