あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ワイルド・スピード』の20年、成功の歴史を辿る


『ワイルド・スピード』画像ギャラリー

『ワイルド・スピード』。

“ワイスピ”という略語もすっかり定着した感のあるカーアクション映画シリーズ。

そのシリーズの最新作にして、シリーズの第9作目の長編作品となる『ワイルド・スピードジェットブレイク』が新型コロナウィルス感染拡大によって繰り返された延期を乗り越えてついに公開されます。

2019年のスピンオフ長編『スーパーコンボ』を含めると長編映画は10本目となり、1作目の公開が2001年ですので20年の歴史の中で10本の長編映画が公開されることになります。

ワイルド・スピード タイトルトリビア



実は、新作ごとに付けられる景気のいいサブタイトルだけでなく、“ワイルド・スピード”というタイトル自体が邦題だというのは、最近ではすっかり知られたトリビアですね。

原題は表記がバラバラなのですが、基本的には『FAST&FURIOUS』です。

“速さ”と“どう猛さ”というような意味ですが、このままでは流石に日本人には通じるわけもなく、配給会社がかなり頭を捻った結果、訳語をさらに英語っぽいモノ置き換えた結果『ワイルド・スピード』となりました。

ちなみに、6作目以降の『EURO MISSION』『SKY MISSION』『ICE BREAK』『スーパーコンボ』『ジェットブレイク』というサブタイトルは本国アメリカでも“言い得て妙”だと言うことで大変好評とのことです。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > メディアフランチャイズの最新成功例

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.