あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-29

「サ道2021」第8話レビュー:今、サラリーマンを描くにはサウナが最適の舞台?(※ストーリーネタバレあり)



「サ道2021」画像ギャラリーへ

【関連記事】「サ道2021」第1話レビュー:サウナにもコロナ禍直撃! そこから伝えるものとは?

【関連記事】「サ道2021」第2話レビュー:サウナには雑念や仕事の愚痴を消す効用あり! 錦糸町・黄金湯に早くイキタイ

【関連記事】「サ道2021」第3話レビュー:サウナは異なる道を歩む男たちの溝だって埋めてくれる

【関連記事】「サ道2021」第4話レビュー:人生もサウナも同じ。「人それぞれ」が一番大事

【関連記事】「サ道2021」第5話レビュー:“サウナの世界遺産”はおじさんたちを癒やし続ける

【関連記事】「サ道2021」第6話レビュー:そうだ、京都の銭湯サウナに行こう(コロナが落ち着いたら)

【関連記事】「サ道2021」第7話レビュー:震災に負けずに受け継がれた神戸サウナ

テレビ東京はドラマ25枠で、「サ道」の新シーズンを放映する。
出演は、前作に引き続き原田泰造・三宅弘城・磯村勇斗が決定。今回、“ディスタンスと継承”をテーマとし、様々な距離をこえて受け継がれていくものを描く。

本記事では、第8話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「サ道2021」第8話レビュー

サウナブームを牽引するドラマ「サ道2021」。第8話に登場するサウナは、ナカタアツロウ(原田泰造)たちのホームサウナ「上野 サウナ北欧」。

今回の主人公は、シーズン1にも登場したツルピカさんこと村田(荒川良々)。家で仕事をしていると妻に嫌な顔をされるので、仕方なくサウナの休憩室にPCを持ち込んで、リモートで仕事をしているサラリーマンだ。

ツルピカさんはサウナで会いたくない仕事関係者・猪又(和田正人)と鉢合わせしてしまう。以前、会議の場で罵倒されたらしい。

その上、会社のリモート会議を失念していたツルピカさん。バーチャル背景を使ってサウナにいることを隠そうとするが、上司(岩松了)に見透かされてネチネチ責められる。リモート会議でもフォーマルな格好が必要で、自宅にいなければならない謎ルールが辛すぎる。どこで仕事したっていいと思うんだけどなぁ。ナカタや偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)が、ごまかそうと一生懸命工作するのがおかしい。

猪又を避けていた村田だが、サウナの話題で打ち解ける。猪又も自宅で邪魔者扱いされていてサウナに逃げ込んでいたのだ。サウナで汗を流すように、仕事でのわだかまりをサウナで水に流すことができた模様。よかった、よかった。

そこへ唐突に現れたマイケル富岡(本人)! マイケルの「サウナ大好き」発言に盛り上がる一同。マイケル富岡インスタグラムによると、言葉どおり自宅にサウナを設置しているらしい。さすがヤキソバン!(関係ない)

サウナはかつてから男性をメインの顧客にしてきたからか、このようなサラリーマンの悲哀を描くお話が「サ道」にはちょくちょく登場する。居酒屋へ気軽に行けなくなった今、サラリーマンたちを描く格好の舞台がサウナなのかもしれない。

(文:大山くまお)

「サ道2021」第8話ストーリー



会社員・村田が「サウナ北欧」のレストランで休憩していると以前サウナを通して出会ったナカタアツロウ(原田泰造)と偶然再会する。お互いの近況を話していると、突然村田の様子に異変が…。そこには仕事で罵倒されて以来苦手意識を持っているという猪又の姿が…!必死に村田の姿を隠そうとするナカタだったが、声が大きな偶然さん(三宅弘城)が現れてしまい…。
さらに、イケメン蒸し男(磯村勇斗)も合流!そこで大学時代の先輩だと紹介されたのは、逃げていた相手・猪又だった!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「サ道2021」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)「サ道2021」製作委員会