あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-11

公開情報

『サマーフィルムにのって』大ヒットスタート!「今スクリーンで観るべき1本」


8月6日に新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント他、30館で公開された『サマーフィルムにのって』が大ヒットスタートを切り、主演の伊藤万理華と松本壮史監督からコメント映像が到着した。

公開初日の金曜日より、都内を中心に満席回が続出。来場した方々は20~40代の男女から50代以上まで幅広く、親子、カップル、映画ファンなど多様な層で劇場は混み合った。初日から作品を絶賛する口コミが映画ファンを中心にSNSで一気に広がり、特にホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン、アップリンク吉祥寺を中心に都内劇場では8/6~8/9の4日間で計33回の満席を記録する結果となった。また、シネ・リーブル梅田でも週末動員数1位を記録している。各所でパンフレットの売れ切れも相次ぐほどの人気を見せ、『サマーフィルムにのって』ブームに期待が高まっています。

また公開後、感想投稿アプリFilmarksでは5点中4点以上の高評価が続き、8月第1週公開映画の初日満足度ランキングで1位を獲得。さらには興行通信社の発表するミニシアターランキング(小規模公開作品週末観客動員数)でも1位を獲得した。SNSでは映画ファンを中心に「映画愛にあふれる傑作青春映画!」、「絶対に映画館で観るべき映画」、「最高に美しいラストシーンに思わず涙」というような熱の高い感想が目立ち、今後更なる盛り上がりが予測される。



本作は第33回東京国際映画祭を皮切りに、ファンタジア国際映画祭、メルボルン国際映画祭、JAPAN CUTS、ニッポンコネクション、カメラジャパン・フェスティバル、ハワイ映画祭など世界各地の映画祭での上映が続々と決定し、スペインで行われたアジアン・サマー映画祭では批評家賞を受賞。このアジアン・サマーのプログラマーからは「映画を愛する人々にピッタリのフィール・グッド・ムービー。夏の熱気が感じられる魔法のように輝いている作品で、ここ数年の中でも突出している」という称賛のコメントが到着している。

各国の映画祭だけでなく様々な著名人、全国の劇場スタッフからも絶賛の声が上がっており、行定勲監督からは「伊藤万理華の途轍もないエネルギーが発火する瞬間を観た!」、小説家の朝井リョウさんからは「夏の映画館で味わいたい全てがある。明るく楽しいシーンでも何故かずっとちょっと泣きたくなる、そんな特別な魔法がかかった映画」と、本作へのラブコールが続出している。https://phantom-film.com/summerfilm/#comments



ストーリー

時代劇オタクの女子高生監督が主役に抜擢したのはタイムトラベラー!?勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、文化祭でのゲリラ上映を目指すことに。青春全てをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたタイムトラベラーだという秘密があった――。

作品情報

伊藤万理華 金子大地 河合優実 祷キララ
小日向星一 池田永吉 篠田諒 甲田まひる ゆうたろう 篠原悠伸 板橋駿谷
監督:松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史
主題歌: Cody・Lee(李)「異星人と熱帯夜」(sakuramachi records)
制作プロダクション:パイプライン 
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト:phantom-film.com/summerfilm        
公式twitter:@summerfilm_2020
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021「サマーフィルムにのって」製作委員会