あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

金子大地の魅力:若手俳優界の新星、飛躍の2021年


(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

映画『猿楽町で会いましょう』『サマーフィルムにのって』、現在放送中のドラマ「#家族募集します」、そして9/10公開『先生、私の隣に座っていただけませんか?』にも出演と、2021年、着実に活躍の幅を広げている若手俳優・金子大地。

金子大地が一躍有名になった作品といえば2018年に一大ブームを巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」。いかにもゆとり世代の代表格のような新入社員・栗林歌麻呂、通称マロ役に起用され大きな注目を集めた。

若手俳優界の新星・金子大地とは?


(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

安定感のあるお芝居、色白でキリッとした切れ長の瞳、シュッとした鼻筋…どこから舞い降りた美少年なのだろうとつい目で追ってしまう、そんな新星・金子大地に心奪われている人も多いはず。

そんな彼が芸能界に入るキッカケとなったのが「アミューズオーディションフェス2014」。俳優・モデル部門を受賞し、デビュー以降、映画・ドラマ・CMなどに多数出演。

2017年公開の『ナラタージュ』では、有村架純演じるヒロイン・泉が参加する高校演劇部の部員・新堂役を好演。2018年放送・ドラマ「おっさんずラブ」の新入社員・マロ役として知名度を高める。2019年放送のドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」では自身がゲイと自覚しつつも「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という “普通の幸せ” への強い憧れも持っている主人公・純役を熱演した。

そして2021年、主要キャストとして多くの映画・ドラマに出演。言うまでもなく飛躍の年となっている。

ちなみに、同オーディションのグランプリには「おかえりモネ」や『まともじゃないのは君も一緒』(21)など清純派ヒロインとして活躍中の清原果耶、WOWWOW ドラマ賞には「危険なビーナス」や「わろてんか」、また、non-no専属モデルを務める堀田真由が受賞。さすがアミューズ、今をときめく俳優、女優、モデル揃いだ。

ここからは、金子大地の魅力を2021年公開・放送作品4つとともに紹介していく。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > インテリ男子を熱演!『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録