鬼滅の刃

REGULAR

2021年09月11日

あまのじゃく的「鬼滅の刃」:結局派手に「遊郭編」へ期待を寄せる

あまのじゃく的「鬼滅の刃」:結局派手に「遊郭編」へ期待を寄せる


「ま~た鬼滅ネタぁ?」と思っていた……頃もありました



アニメ「鬼滅の刃」熱が少し冷めてしまった理由についてあーだこーだ語ってきたのですが、今から述べることが最後で最大の理由だと思います。

「メディア過熱っぷり、ちょっと異常じゃない!?」

そもそも「鬼滅の刃」は配信こそあれ、テレビ放送は深夜枠。週刊少年ジャンプの連載作だったこともあり注目度は高かったと思われますが、それでもTOKYO MXの初回放送視聴率は2.1%でした。2016年放送の「おそ松さん」の最終話放送時の視聴率が3.0%で異例、2021年4月から放送されている「EDENS ZERO」の第1話視聴率が2.5%で好調と言われていることからも、まさかあんな社会現象になるなんてと思った人もいるのではないでしょうか。

そんなひっそりと夜中に始まったアニメがそのクオリティの高さで毎週のようにSNSを賑わせていたかと思えば、いつの間にかアニメメディアだけでなくビジネスメディアまでもが作品名で取り上げ、テレビでも見ない日はない……。

これまで深夜アニメをまともに取り上げてこなかったメディアの「流行ったとなればこぞって食いつく」そのスタンスにお金の強いスメルを感じ、ちょっぴりうんざりしている自分がいたのです。



そんな「ま~た鬼滅ネタぁ?」と思っていた私が今まさに、「鬼滅の刃」の感想を書いているわけです。さあ思う存分に浴びせてください、「ダブスタやんけ!(※ダブルスタンダード)」というツッコミを。

ただ「遊郭編」に備えて1話からアニメを振り返ってみると、いろんなメディアで取り上げられるのも納得の作品だと改めて思い知らされたのです。



個人的には主題歌に同じアーティストの同じ楽曲を2クール通して使ったところに、作り手の作品にかけるプライドを感じました。オープニングですらも3カ月1クールで変わる作品が多いなか、「竈門炭治郎 立志編」と名付けられた1期の世界観を主題歌でもしっかりと演出する強い意志に、原作と作中で希望を持ち懸命に生きて戦うキャラクターたちへのリスペクトを感じたのです。

派手に楽しもう 「遊郭編」



深夜アニメとして放送されていた「鬼滅の刃」。この度放送局にフジテレビ系列が加わり、日曜の23時台の放送が決まっています。

地方住まいの私はBS11がなければアニメがまともに観られないため、BS11さんに足を向けて寝られません。そのためフジテレビさんには大変申し訳ないのですが、発表があった当初は「横取り!?」と思ってしまいました。しかし1期を放送してきてくれたBS11もTOKYO MXも放送局のところに名前が入っていて、ほっとしています。

またフジテレビでの放送が発表された際にSNSで、「原作からの大幅な改変がありそう」という憶測もたくさん流れていました。またフジテレビさんには大変申し訳ないのですが、私もそう思っていました。なぜなら同じ週刊少年ジャンプで連載されていた「約束のネバーランド」の2期が「ソードマスターヤマト」的エンドを迎えたように見えたからです。(「ソードマスターヤマト」気になるかたは検索してみてください)

ただフジテレビから「内容は変えない形で放送する予定」との発表がありました。きっと原作のファンの皆さんはこの一報に胸をなでおろしたのではないでしょうか。

とにもかくにも、派手にカッコいい音柱の宇髄天元がゴリゴリに活躍するであろう「遊郭編」。私はすでに彼の色気にあてられているので、派手に「遊郭編」を楽しむ所存です。


【参考】
おそ松さん:最終回が深夜で異例の高視聴率3.0% 自己最高更新で有終の美
https://mantan-web.jp/article/20160329dog00m200002000c.html
EDENS ZERO:視聴率好調 深夜放送でも春アニメ2位(MANTANWEB)
https://mantan-web.jp/article/20210604dog00m200091000c.html


(文・クリス)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

RANKING

SPONSORD

PICK UP!