あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<志田彩良>に今こそ最注目!|『かそけきサンカヨウ』公開前に観るべき2つの映画<今泉力哉タッグ>


(C)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

2021年10月15日より公開を控える、今泉力哉監督最新作『かそけきサンカヨウ』。本作品でヒロインを務めるのは志田彩良

今泉監督はわりと決まった俳優を何度も起用する傾向にある。今泉監督に限らずこういう傾向を持つ監督・脚本家は多い。園子温監督でいうでんでん、坂元裕二脚本でいう松たか子、有村架純など。

今泉監督は深川麻衣、成田凌、若葉竜也、芹澤興人あたりをよく起用している印象。そして志田彩良とは今回で3度目のタッグ、ヒロイン級の役どころでの出演は初となる。

恋愛群像劇の旗手・今泉力哉


2019年に公開された監督作品『愛がなんだ』が大ヒット。角田光代原作ということで原作ファンからも期待が湧いていた中、原作を裏切らない脚色とキャスト、原作を知らない10〜20代女子からは共感の嵐でSNSでも話題沸騰に。

なによりも、原作と今泉監督が描く世界観が丁度よくマッチしていたように思う。
(C)2019「愛がなんだ」製作委員会

マモちゃん至上主義でなにもかも失ってしまうテルコ(岸井ゆきの)、テルコの好意に甘えながらもそのいきすぎた尽力具合に辟易とするマモちゃん(成田凌)、高すぎるプライドに苦しめられる葉子(深川麻衣)、好きという思いを公にしながらも葉子とのセフレ関係を容認するナカハラ(若葉竜也)、「なんでマモちゃんはこの人のことが好きなんだろう」と観客全員が感じるであろうすみれ(江口のりこ)。

「共感はできないし誰にもなりたくないけど心のどこかで応援したくなる人」たちに不思議な魅力を感じてしまう。中でも一番好きなのは圧倒的ナカハラ。「幸せになりたいっすね」は真意であり名言。幸せになりたいっすね。

わたしにとっても今泉監督を認知するキッカケとなった本作品。公開当時は2回観に行った。テルコがひとり金麦を飲むシーンが印象的で、映画を観た帰りは最寄り駅の1つ手前で降りて金麦を飲みながら帰ったりしたもんだ。
(C)2019「愛がなんだ」製作委員会

好きな作品が故につい『愛がなんだ』について語ってしまったが、本作品を皮切りに『アイネクライネナハトムジーク』(19)、『mellow』(20)、『his』(20)、『あの頃。』(21)、『街の上で』(21)など話題作を連発。

正直すぎる&タイムラインを埋め尽くすほどのツイートからわかる人間性も相まって、続々と【今泉力哉沼】にはまる人が増えているように思う。かくいうわたしもそのひとり。人間の面倒くささを描かせたら右に出る者はいない、唯一無二の存在だ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 令和時代の清純派女優・志田彩良

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録