あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ラジエーションハウスⅡ」第2話レビュー:子どもであろうと、自分の行く末は自分で決められる!(ストーリーネタバレあり)




→「ラジエーションハウスⅡ」画像ギャラリーへ

【関連記事】「ラジエーションハウスⅡ」第1話レビュー


窪田正孝主演のドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」が、2021年10月4日(月)放送スタートした。

2019年4月期に放送され人気を集めた「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編となる本作は、CTやMRIで病気を撮像する放射線技師たちが“視えない病”に立ち向かっていく物語。

前作に引き続き主役の天才放射線技師・五十嵐唯織(いがらし・いおり)を演じるのは、朝ドラ「エール」以来のドラマ出演となる窪田正孝。他、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人ら豪華キャスト陣が多数続投している。

本記事では、その第2話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第2話レビュー



以前から、てんかん治療のため甘春総合病院へ通っている小学生・走太(長野蒼大)。将来を期待されている陸上選手で、両親も妹も才能溢れる陸上一家だ。試合中にてんかんの症状が表れ、倒れて頭を打ったことで緊急搬送されてきた。

てんかんを治すために投薬治療を続けてきたが、それが上手くいっていないのでは、と甘春(本田翼)。外科手術が必要だと五十嵐(窪田正孝)は請け合う。



ちなみに、走太の父親・一郎を演じる眞島秀和は、木曜ドラマ「にじいろカルテ」で、若年性認知症を患う橙田雪乃(安達祐実)の夫・晴信を好演していたことが記憶に新しい。また、走太の妹・花恋役の白鳥玉季も、数々のドラマや映画で存在感を残す名子役だ。

【関連記事】名子役「白鳥玉季」の魅力|「極主夫道」「凪のお暇」「永い言い訳」などで存在感



検査の結果、走太のてんかん症状には、左足の運動野に根本的な原因があることが判明。手術してその部位を取り除けば、てんかんの症状はおさまるかもしれない。しかし、左足の機能を失い、走れないどころか歩けなくなる可能性もあるという……。

走太の両親に相談したところ、いったん手術はしない方向で話がついた。五十嵐は走太の父親に対し「息子さんに選択肢を与えないままでいいのでしょうか」と手術を勧めるが、「歩けなくなるかもしれない手術を子どもに受けさせる親がどこにいますか」と突っぱねられる。投薬治療を続ける方向で、走太は退院してしまう。

片や、裕乃(広瀬アリス)は、とある患者のことで頭を悩ませていた。庭木や草花の手入れをしていたところ高所から落ちてしまったという男性患者・柳田(きたろう)だ。

やれ足にアザがあるだの、足がむくむだのと言って裕乃を呼び出す柳田。昔、飼育員をしていた頃に可愛がっていたチンパンジー・アカネに似ていると言って、裕乃に親近感を抱いているようだ。

走太の病気は、治したくても治せない。走太と柳田の事情を比べ、世の中の不条理さを嘆く裕乃。



「どうしても治したくったって、治せない人もいるのに」

しかし、五十嵐の審美眼により、柳田も一歩間違えれば死んでしまう危険のある病気だったことがわかった。真実を知った裕乃は柳田に謝罪する。

いくら厄介な患者でも、どれだけ毎日同じような患者がいるとしても、「どうせこうだろう」と決めつけて判断してしまうことの怖さを、改めて思い知った。

走太のてんかん症状は、日に日に悪化している。

五十嵐はどうしても、外科手術を含め、治療方法の再検討をしたいと言って聞かない。しかし、ラジエーションハウスの仲間たちは及び腰だ。相手は12歳の子どもで、両親から手術の話さえ聞かされていないのだ。自分たちにできることは限られている……と諦めモードになってしまうのも、仕方ないだろう。

五十嵐の姿勢に感化された裕乃は、走太の両親の元へ直談判しに向かう。

「彼自身、今、何を思っているのか。彼の声を聞いてみたいです」



裕乃、甘春、五十嵐の働きかけにより、走太の両親は手術の話を息子へ打ち明けることを決意。

「どうしたいのか、走太くんが自分で決めていいと思う」


五十嵐はいつだって、相手がどんな人間であろうと対等に向き合う人だ。子どもであろうと、大人であろうと、意思を持ったひとりの人間であることは変わらない。

走太に対してだって、自分の行く末は自分で決める権利があると信じて疑わなかった。技術があるのはもちろんのこと、人間性が高いからこそ患者や仲間から信頼されるのだろう。

無事に走太の件は着地点を見つけられたものの、五十嵐個人の元には、波乱が訪れようとしていた。なんと、甘春が辻村(鈴木伸之)と美術館デートに行ってしまったのだ(彼女本人が忘れていたせいで、美術館には入れなかったけれど)。

事前に五十嵐へ宣言していた通り、辻村は甘春へ告白してしまう。

どうする五十嵐、どうなる五十嵐!?

恋の行方も見逃せない。

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第2話ストーリー



唯織(窪田正孝)たちのもとへ、陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒し、頭部を強打したという12歳の小学生のCT検査依頼が入る。その小学生・速川走太(長野蒼大)は、ともに陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)を両親に持ち、ひとつ下の妹・花恋(白鳥玉季)とともに数々の大会で優勝するなど、日本陸上界の未来を担う才能として注目されている選手だった。

走太は、てんかんの治療中で、以前から甘春総合病院の脳外科に通院していた。走太のCT画像を読影した杏(本田翼)は、薬物療法が上手くいかなくなっているため、外科手術を選択する可能性に言及する。そこで唯織は、少しでも治療の選択肢を増やすために、詳しい検査をしてはどうかと提案するが……。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、庭木の手入れ中に転落したという患者・柳田哲平(きたろう)の検査を担当する。だが柳田は異常もないのに、いちいち大げさに騒ぎ立て、裕乃を困惑させる。「世の中には、どうしても治したくても、治せない人だっているのに…」。そんな世の中の不条理に憤りも覚える裕乃だったが……。


(文:北村有)



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録