あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「科捜研の女」第2話レビュー:敵視されるマリコ!劇場版のあの女性がドラマに登場(※ストーリーネタバレあり)



→「科捜研の女 season21」画像ギャラリーへ

木曜ドラマ「科捜研の女 season21」が、2021年10月14日(木)より放送スタート。沢口靖子主演の大人気サスペンスシリーズが、木曜の夜に帰ってくる。

画像分析やDNA鑑定などの科学技術を駆使し、難解な犯罪捜査に立ち向かう様を描いた本シリーズ。榊マリコ(沢口靖子)の活躍もさることながら、ともに捜査に精を出す刑事・土門薫(内藤剛志)の熱血ぶりも魅力だ。

本記事では、その第2話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

【関連記事】第1話レビュー:21年目もブレないマリコ!「科捜研の仕事は私の天職」

「科捜研の女 season21」第2話レビュー




2話でも相変わらずやる気満々のマリコ。被害者・佐々浦洋子の服についた血痕などを調べて、何も出なかったらもう一度現場で採取する……と意気込む。さらに、被害者の爪から土壁、着衣から塗料のベンガラが見つかり、神社仏閣に使われるものだと知るやいなや「神社仏閣や京町家を全部調べるしかないですね」と、とんでもないことを言い出す。

さすがに「全部は無理だって!」と日野所長が声を上げたが、「無理でもやります」と涼しい顔のマリコ。彼女は優秀だが無茶ぶりが過ぎるときが本当に多い。ときどき周りの同僚たちにどうしようもなく同情したくなる。

そして、土門と蒲原も捜査に動く。結果、事件を通報した洋子の隣人・沙織や下の部屋に暮らす左官職人の坪倉、洋子の元上司でパワハラをした疑いのある新井典子など、疑わしき人物が数名出てきた。

そんな中、マリコと土門は意外な人物と再会。洋子の部屋を訪れると特殊清掃員が消毒していた。血液などが破壊されてしまう……と慌てて止めるマリコだったが、とりあおうとしない。それは、ダイエット菌事件(劇場版)の際、加賀野亘に心酔していた女性・秦美穂子だった。さらに、特別清掃会社の社長・阿武隈も現れる。


結局、部屋の清掃を止められない中で証拠となるものを探したマリコと土門。アパートをあとにした二人を美穂子が追ってくる。

「二度も奪うつもりですか? 私から道しるべを」

マリコたちによって、加賀野の研究室に入る夢が断たれた美穂子。その後、阿武隈と出会い、死者を弔って部屋を清掃する……という彼の仕事への思いを聞いて特別清掃員になったという。「警察はただ事件を解決するだけ。残された人が絶望の縁にいたとしても、それを救う義務はないし再生する意欲もない」と彼女は言い放つ。



明らかにマリコたちを敵視していた美穂子。劇場版鑑賞済みの筆者からすると、彼女の恨みの方向はちょっと筋違いに感じる。

とはいえ、何かを失ったという点では、彼女も事件の被害者。誰かを恨まないとやりきれず、せっかく見つけた新たな道にマリコが現れたので、また邪魔しに来たように思えてしまったのかもしれない。

その後阿武隈が生前の洋子と会っていたと判明。マリコたちがなぜ隠していたのかと聞くと、彼は「死者の尊厳を守るのが自分の仕事」と答える。洋子は阿武隈の会社に大量処分清掃の依頼をしていたらしい。いわゆるゴミ屋敷の清掃だ。阿武隈が一人で部屋の清掃をしたと知って、阿武隈なら警戒されずに洋子に会える……とマリコは考える。

沙織、坪倉、典子、そして阿武隈。不審な点ありの犯人候補が次々増えていく。そんな中、突破口となったのは、例の土壁とベンガラだった。

実は、沙織がバイトをしているカフェには土壁があり、ベンガラで塗装がされていた。これらの成分を店から宇佐見が採取する。



そして、典子のスマホを調べていた呂太と蒲原は、土壁をバックにした典子と坪倉のツーショット画像、さらにベンガラの塗料が置いてある写真を発見する。

マリコたちが調べた結果、被害者から採取された土壁とベンガラは沙織のカフェのもの。典子のスマホの写真も同カフェで撮影したものと判明した。さらに、典子のスマホに付着していた指紋が洋子の家で見つかったものと一致する。指紋の主=真犯人は、典子の部下で洋子の元同僚の青山美咲だった。

忙しい仕事に耐えられず退職した洋子。仕事を引き継いだ美咲も大量の業務に苦しんでいた。事件当日、塗装の仕事のためカフェを訪れ、上司の典子と職人として入っていた坪倉の写真を撮影。夜に洋子の元を訪れた。しかし、会社の話を聞きたくない洋子から避けられ、思わず逆上して殺害に及んでしまったのだった。

事件解決後、マリコと土門は阿武隈と美穂子の元を訪れて「押収した中にあった」とあるものを見せる。それは美穂子が作ったボディクリーム。大量清掃の際、洋子の手が荒れているのを見た阿武隈が渡したものだった。洋子は自殺するつもりだったが、クリームときれいになった部屋のおかげで思いとどまったのだ……と伝えるマリコに、「すごいですね、警察って。故人の気持ちまで汲み取るんですね」と阿武隈は微笑んだ。

その後、またマリコたちを追いかけてきた美穂子。「社長と仕事がさらに好きになりました。これからも社長についていきます!」と宣言した。やはり、彼女はどこかずれているよう。とはいえ、前よりずっと晴れやかな顔で、信じる目標を掴んだのが伺えた。

美穂子は理解しなかったかもしれないが、決して「事件を解決するだけ」ではなかったマリコと土門。二人は死者の思いを理解し、関わる人々をしっかりとフォローした。それもまた警察の仕事だと、彼らはとっくに知っていたのだろう。

「科捜研の女 season21」第2話ストーリー

アパートの2階で、住人・佐々浦洋子(森口幸音)の刺殺体が見つかる。隣の部屋に住む北村沙織(奥山かずさ)が一緒に飲むため訪ねたところ、遺体を発見したという。土門薫(内藤剛志)刑事は通報時間が朝9時と早く、そんな時間から飲もうとしたのか尋ねる。さらに沙織が持参したワインボトルに洋子の指紋が大量に残っていたと告げると、沙織は顔をこわばらせ、仕事に行くと強引にその場を去ってしまう。

土門は洋子の下の部屋に住む坪倉隆(竹下健人)にも話を聞く。死亡推定時刻は昨晩の9時から11時の間。言い争うような声がしたとの証言がある中、左官職人の坪倉は何も聞いていないと主張する。朝が早く、洋子の足音が聞こえないよう耳栓をして寝ていたというのだ。

榊マリコ(沢口靖子)は監察医の風丘早月(若村麻由美)から、洋子の死因が骨盤骨折で生じた大量の出血の可能性が高いと聞かされる。確かに現場の床には大量の血痕があったが、マリコは20代の洋子が部屋で転んだぐらいで骨盤骨折するのか疑問に思う。一方、土門は洋子が上司・新井典子(瑛蓮)のパワハラが原因で、先月会社を辞めていたことを突き止める。謹慎処分中の典子は土門にパワハラだけでなく、洋子の死への関与を否定。しかし、1人暮らしのため事件当日のアリバイは証明できなかった。

マリコは洋子が激しく抵抗した末、骨折した可能性があると考え、肉眼で見えない血液を探すため土門と洋子の部屋に向かう。すると、ゴーグルにマスク姿の特殊清掃員が部屋を清掃していた。マリコの制止を聞かず作業を進める清掃員。それは、世界規模で起きた連続殺人事件の捜査でマリコたちが関わった大学教授・加賀野亘(佐々木蔵之介)の研究室にいた秦美穂子(佐津川愛美)だった。そこに、特殊清掃を請け負う会社の代表・阿武隈忠(谷田歩)が現われるが…。

 
助教授だった美穂子との思わぬ再会に驚くマリコ。アパートの住人・沙織や坪倉、さらに元上司の典子など、不審な点やアリバイがはっきりしない者が次々と現われるこの難事件にどう挑むのか?


(文:田下愛)


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「科捜研の女 season21」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© テレビ朝日/東映