あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

吉高由里子の魅力:『最愛』でのヴィジュアル最強説をここに宣言する


金曜ドラマ「最愛」(C)TBS

2021年10月期 TBSドラマ『最愛』で、純真な高校生/艶麗な社長・真田梨央という女性の過去/現在を演じる、吉高由里子。

本ドラマのプロデューサー&演出家は、『夜行観覧車』、『Nのために』、『リバース』、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』、『アンナチュラル』、『MIU404』他、挙げきれない程の名作ドラマを世に送り出す鬼才・新井順子×塚原あゆ子のタッグ。聞けば納得。

原作は、奥寺佐渡子と清水友佳子によるオリジナル脚本。この二人、『夜行観覧車』と『リバース』でもW脚本を務め、『リバース』では第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞という黄金コンビ。

非の打ち所がない制作スタッフと豪華俳優陣が集結し、放送前から期待が高まりに高まっていた『最愛』。
今夜、第3話が放送となるが、これからの展開に目が離せない…もはや一週間も待てない。困った困った。


金曜ドラマ「最愛」(C)TBS

冒頭でも記載した通り、本作品で吉高由里子は【過去】純真な高校生と【現在】艶麗な社長の一人二役を熱演。いや、同一人物なので二役ではないのだが、一人二役と言っても過言ではないほどのキャラクターの違いを魅せつけてくれている。

年齢についてあまり言及したくはないが、今年33歳の吉高由里子が高校3年生を演じるのはさすがに無理があるのでは…と思っていたものの、化粧っ気のない天真爛漫なその姿は紛れもなく高校生で、驚くほどに違和感がない。


金曜ドラマ「最愛」(C)TBS

その一方で、真田ウェルネスという製薬会社の代表取締役へと成り上がった15年後の梨央には観ている誰もが見惚れてしまっただろう。『最愛』の吉高由里子、ヴィジュアル最強説をここに宣言する。

女優としての躍進は止まることなく、むしろ加速し続けている。
第2話、【過去】で衝撃的な事実を知り涙を流す姿には思わず息を呑んだ。溢れ出る涙、止まらない震えと嗚咽…アラが出てしまいがちな泣きの芝居、そんな不安要素は1ミリもなく、『最愛』の世界に完全に引き込まれた瞬間だった。


数々の話題作に出演し、”お仕事ドラマの女王”とも呼ばれる吉高由里子。そんな彼女の代表作はお仕事ドラマだけには留まらない。

→吉高由里子作品ギャラリーへ

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > もはや”ドラマの女王”に登り詰めた吉高由里子主演・推しドラマたち

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録