あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

〈新作紹介〉『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・上海』レビュー:浅野忠信、国際スターの貫録を示す激動と魅惑の大河サスペンス・ドラマ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・上海』作品情報

【あらすじ】
戦争の足音が迫る1937年、上海。この街で有力なマフィアのルー(グォ・ヨウ)は冷徹な判断で、あるときは財力を、あるときは暴力を使い今の地位を維持してきた。ルーの妹の夫で日本人のワタベ(浅野忠信)は上海に長く暮らし、ルーの良き参謀であった。ある日、日本の実業家がルーに商談を持ち込んでくる。ワタベは日本とのビジネスは危険だと忠告する。後日、実業家は軍人を引き連れて来て、共同銀行の設立を持ち掛ける。ルーが丁重に断ると、提案を断られた男たちは他のマフィアと手を組めば事が進むと判断し、ルーの暗殺を企てる。一方、華やかな社交界では、上海マフィア界を牛耳るボスの妻リュー(チャン・ツィイー)たちが奔放で派手な生活を送っていたが、彼女の人生も時代の荒波に飲み込まれていく……。 

【予告編】


【基本情報】
出演:グォ・ヨウ/チャン・ツィイー/浅野忠信

監督:チェン・アル

脚本:チェン・アル
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2016 Huayi Brothers Media Corporation Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved