あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ARASHI 5×20 FILM』をドルビーシネマで観るべき絶対的な理由




【関連記事】松本潤 記者会見詳細レポート「いまできる最大限の力を集めて作った」|『ARASHI 5×20 FILM』

2021年の11月3日(水・祝)、嵐のCDデビュー(「A・RA・SHI」)から22年目となる日に、嵐初のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が公開されます。

 まずは全国7か所の劇場に導入されているドルビーシネマ劇場での先行公開となり、その後200か所以上の映画館で11月26日(金)から全国公開される予定になっています。

日本に先駆けて6月の上海国際映画祭でワールドプレミア上映された時には、チケットがわずか1分で完売となったという、注目のライブフィルムがついに日本公開となります。

ジャニーズ史上類を見ない“ワイルド”な企画


今回、私は機会に恵まれ、去る10月25日に丸の内ピカデリーのドルビーシネマシアターでの試写に参加することができ、一足先にこの話題作を体感してまいりました。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の監督は堤幸彦監督。

『ケイゾク』(00)『SPEC』(12~)『20世紀少年』(08)などなど話題作、ヒット作を連発。今年も北川景子主演の『ファースト・ラブ』が公開されています。

来年1月7日の公開される『truth~姦しき弔いの果て~』で監督作品は50作品となります。

堤監督と嵐は2002年の『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY』と2004年の『ピカ☆☆ンチLIFE IS HARDだからHAPPY』で組んでいるほか、嵐としてデビューする前、ジャニーズJr.時代のメンバーの出演ドラマをディレクションしているなど深い縁があります。

堤監督は嵐のメンバーに対して“親戚のおじさん”のような気分でいると語っており、互いの距離感の近さを感じさせます。

そんな堤監督をして“ジャニーズ関連企画では例がないほどワイルドな企画(体験)”だったと語るのが『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』です。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 東京ドームを縦横無尽に切り取るカメラたち

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021 J Storm Inc.