あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-25

その他

モーニング娘。佐藤優樹卒業シングル「Teenage Solution」の魅力

佐藤優樹が、卒業する。

最後に参加するシングルとなった2021年12月8日発売の「Teenage Solution」は、当て書きの曲ではないものの、彼女にとても合っている曲だと思う。そして、他の13人それぞれが新たな魅力を見せてくれた曲でもある。

本記事では、「Teenage Solution」MVの魅力や、この曲の佐藤優樹っぽさについて語らせていただきたい。


「Teenage Solution」MVの推しポイント解説 

※筆者の独断です

佐藤優樹・15期メンバーを中心にしつつ、14人それぞれの見せ場がある素晴らしいMVとなっているので、それぞれ見どころをお伝えしたい。



まずは無音で映像が流れる。カメラを背に太陽輝く空を見上げる佐藤優樹の後ろ姿、そして15期3人がこちらを見下ろす姿。下からのアングル、普通は女性としてはあまり撮られたくない角度だと思うけど耐えうるこの3人、すごい。

ストリングスが効いた前奏に合わせ、二人一組になって踊るメンバー。踊るというか、フリーで音に合わせて動いているといったほうがいいだろうか。こういうフリーの動きが様になるのは、彼女たちのスキルのなせる業だと思う。

個人的に特に気になったのは生田衣梨奈(いくたえりな)のほぼ垂直なハイキックだ。濃いピンクにした髪がとても似合っているが、髪と動きがあいまって二次元のゲームに出てくるキャラのようだ。

彼女はもともと派手な色にしていたほうだが、去年あたりからモーニング娘。メンバーが派手な髪色を取り入れるようになってきて、個人的にはいい傾向だと思う。

歌い出しのほまめい(岡村ほまれ、山﨑愛生)、最年少のかわいい2人と思っていたけど、加入から2年以上経ち、こんなかっこいい表情もするようになったんだなと勝手に感慨深い気持ちになる。

その後ソロで「一人で居るの 何も怖くないし」と歌ってカーテンを閉めるのは同じく15期メンバーの北川莉央。もともと歌では目立っていたが、写真でもコンセプトによって印象が変わる彼女は、歌の主人公に合わせて演じ分けるのが上手だと思う。今後のパフォーマンスがどうなっていくのか、とても楽しみだ。

佐藤優樹を中心に並ぶのは年上組の譜久村聖(みずき)・生田衣梨奈・石田亜佑美・小田さくら・野中美希。一人で先にドアのほうに歩いて行ってしまう佐藤がちょっとさみしい。



ここからは中堅組のターン。ドアを開けて出てくるのは羽賀朱音と森戸知沙希。張りのある声で「逃げてるじゃない」と歌うのは加賀楓。2019年を最後に単独ツアーができていない彼女たちだが、この曲は中堅組が頼もしくなったことをあらためて感じる曲でもある気がする。

続く牧野真莉愛と横山玲奈のユニゾンだが、よこやんが歌っている下パート、女性が出すのは結構難しそうな低さだけど難なく歌っていてすごい。

今もハロコンは行われているが、年に2回大きなツアーがあった頃に比べるとメンバーの成長に気づく機会は減ってしまったかもしれない。もうかなり前のことのようで、早くあの頃に戻ってほしい。

そう言って怒っている」でアップになる石田亜佑美の顔がいい。MVというよりドラマのワンシーンのようである。そういえばあゆみん、演技がうまかったな。ここ数年モーニング娘。の演劇女子部はないけれど、またお芝居もやってほしい。

二列に並んでのサビはこれがモーニング娘。'21だ!という感じで圧巻である。特に前列センターの牧野真莉愛、首をぐるんとまわす動きが誰よりも激しくていい。



サビの締めは一人が真ん中になるフォーメーション。締めの部分「愛があっても」を歌うのは小田さくら。曲によってさまざまな声が出せ、そしてどれも圧倒的にうまい彼女だが、この曲では少し甘さが残る声な気がする。若さの表現なのだろうか? センターの人がそのまま手も顔も上を向く振り付けが印象的だ。

間奏、背中合わせで逆の方向を見る10期(石田亜佑美・佐藤優樹)を見るとまーちゃん卒業後は同期の2人の道が分かれるのだなということが連想され、胸が苦しくなる。

工藤遥・飯窪春菜が先に卒業し、モーニング娘。に残った2人。ついに10期はあゆみん一人になってしまうんだな。いちばんはじめが最年少のハルちゃんだったこともびっくりしたけれど、ハルちゃんと同い年のまーちゃんがあゆみんより先に卒業するとも思っていなかった。いつも卒業は突然で予想なんてできないけれど、どのタイミングでもさみしい。



2番の歌い出しもめちゃくちゃかっこいい。サブリーダーの生田と石田、モーニング娘。の中でも肉体派な二人が決めるポーズは力強い。結構ズッコケ担当なことも多かったが、やるときはやる二人でもある。あらためてかっこよさを見せつけてもらった。

そして二人の後ろで後ろを向いていたリーダー・譜久村聖が振り返って歌いながらこちらに歩いてくるのも最高にかっこいい。しっかりとした歌と柔らかさや母性を感じさせるパフォーマンスの印象があったふくちゃんだが、この曲ではシャープな強さを感じた。

Bメロでは1番と同じく、佐藤優樹をセンターに、後ろに中堅5人(牧野真莉愛・羽賀朱音・森戸知沙希・加賀楓・横山玲奈)がずらっと勢揃いしている。

1番といい2番といい、美少女戦士(女戦士?)感があっていい。歌いはじめのまーちゃんのターンもいい。

そして後半のまーちゃんソロがめちゃくちゃまーちゃんでたまらなかった(何を言ってるかわからないと思うが……)。

「それでもみんなの空気とかをなんとなく
気まずくさせちゃっているなら
やっぱし私 お部屋にいるし」

まずこの歌詞、すごくまーちゃんっぽいなと勝手に思った。

誤解を恐れずに言えば、佐藤優樹はちょっと独特の感性を持ち、常識が通じないところがある女の子だった。同期の飯窪春菜や11期の小田さくらが「破天荒で会ったことがないジャンルの人」「こんな人会ったことがない」と言っていたほどだ。一方で「天才」とも言われていた。

その唯一無二さやパフォーマンスはファンをも惹きつけ、モーニング娘。でもハロプロ全体でも圧倒的な人気を誇るメンバーの一人だった。

自由奔放なように見えて実はいろんなことを考えている人でもあり、卒業が決まった際のコメント「ただ、やはり私はこの歳になっても迷惑を掛ける子なんだと、じわじわ実感しています。」という言葉にも、それが表れていた。

いるならやっぱし私 お部屋にいるしの途中までおやすみみたいなポーズを作って笑顔なのに、フッと笑顔が消え、真顔になるのもたまらない。そしてその後また一瞬作り笑いして真顔に戻る。
歌詞といい表情といい、佐藤優樹を見せつけてくれたなと思った。

そしてこういう周りを傷つけてしまう自分に傷つく、みたいな感情、自分も10代の頃にあったなと思う。つんく♂さんの歌詞、やはり女性を共感させる力がある。

自分でも嫌(や)なの」ののりおめいハモりもいいし、「楽しみたいし」の小田さくらのソロもいい。続いて歌うのは野中美希。ソロフェス2でのMVP獲得・ご褒美として作った特番ではメンバーそれぞれの良さが際立つプログラムを組み、自身が作詞作曲した曲を披露したのが記憶に新しい。北川莉央のセリフ「語りたい」もいい。

こうノックしてくる」で実際のノック音が入っているところもたまらない。



大サビ前、15期のセリフが入り乱れるところがある。同じセリフなのだが、つんく♂の提案によりそれぞれ違う女の子を演じている3人の言葉は、切実で切羽詰まっていてちょっと狂気すら感じる。3人の演技力というかやり切る力に感嘆するとともに、つんく♂の10代女子への解像度の高さにもあらためてすごいと思った。度々言われていることだが、「つんく♂の中には中学生女子がいる」という言葉を思い出す。

ピアノの音とともに、冒頭の続きのような映像が流れる。一人向こうを見る(表情は見えない)佐藤優樹と、見下ろす15期3人の映像。3人は手をつないでいる。ここもまた、一人旅立つまーちゃんと、これからモーニング娘。を作っていく3人の対比のように見えてギュッとなった。

大サビの「誰にも解けない」はまーちゃん一人。何にでも答えが出るわけじゃないよな、と思う。この状況だってそうだ。

見つかりっこない」でおださくが目を覆いながら歌う表現、好きだ。

そしてラストの「今は無理みたい…」もまーちゃんソロで終わる。
10年間のシングル、最後に歌う歌詞が「今は無理みたい…」なのか(トリプルA面なのでどれを最後とするかという話もあるが、一旦置いておく)。いろんなことを考えてしまう歌詞だ。
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「Teenage Solution」が佐藤優樹っぽいと思う理由

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録