あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<映画でお悩み相談>「好き」を伝えるのは難しい?気持ちを言えないときはどうしたら……?




悩める皆様、映画を観ればそのお悩みは解決できるかもしれません。

このコーナーでは映画ソムリエの東 紗友美と映画好きタレントの加藤るみがストレス社会を生きるみなさんのお悩みにお答えしながら、同時に厳選した“人生に効く映画”も処方するという、一粒で二度美味しい(?)そんな連載をお届けします。

ズバッと優しくモノ申す20代の加藤、30代の東からのメッセージとともに映画との出逢いを見つけてくれたら嬉しいです。

連載第3回目のお悩みは……?

【関連記事】<映画で悩み解決>仕事に行きたくない!転職もモヤモヤ…!そんな時はどうすれば!?
【関連記事】<映画でお悩み相談>SNSに振り回される人生は嫌だ!でも辞めにくい…どうしたら?

今月の質問・お悩み

好きな人に好きって言えません。どうしたら良いでしょうか?(31歳男性)

Sayumi’s  ANSER



A.言葉にしていないならそれは”ゼロ”と思われているのと一緒!

悲しいかな……あなたの好きな人に対して片想い歴数年であろうとも、どれだけ相手を想っていようと伝えなければ、残念ながらその気持ちはゼロだと思われているのと変わりません。ゼロです。

男性心理から考えると「相手に伝わるような行動で伝えてきた」という人も、いるかもしれません。しかし残念ながら、男女の脳の違いで女性は”言葉"を求め、言葉で最終的に判断することも多いのです。

想いを伝えることを躊躇していたら、ポッと出の話の上手い人に好きな人を取られてしまう可能性も……!?

あと、伝えたいことがもう1つ。
告白は「1回でNGだったらもう絶対ダメ」って誰が決めたのでしょうか?
世の中には、複数回の告白を経てようやく交際に至ったカップルだっていくらでもいるし、1回目の告白後に相手が意識する可能性だってあります。
世の中には一回であきらめなくていいことが溢れてます。だから、広い視野で! その告白は、交際までの道のりに必要な最初の一歩かもしれないし、とりあえず伝えてみるのはいかがでしょうか。
「え?大事な友情が崩れるのが怖い?」一度告白したくらいで友情が崩れるなら、友情としてもホンモノじゃないですよ。好きの一言は、2秒あれば言えます。頑張ってみて!

好きと伝えてから女性の恋愛対象に入ることもなくないですよ。
 

Sayumi's シネマアンサー『あと1センチの恋』(14)


(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

「好き」って言葉はあなたの人生を変える魔法の言葉だと痛感させる名作恋愛映画
 
『あと1センチの恋』には女性の”してほしいこと”や”口に出せない気持ち”が詰まっているので、モヤモヤ悩むよりは、ぜひ2時間の映画で学んでみてください。

この作品は「なんでも話せた君に 好きだけが言えなかった」というメッセージが込められたとてもとても切ない物語です。
ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳からの幼なじみで何でも話せる友達以上、恋人未満の間柄です。しかし18歳の頃のファーストキスにまつわる勘違いからボタンを掛け違えていき、別々の人生を歩むことになる2人。記憶の掛け違い、誤解、恋のライバル、読まれることのなかったラブレター、運命のいたずらに翻弄され、12年間も2人は近づいては離れてを繰り返していきます……。
 
私は正直、この映画で「好き」という言葉の恐怖症になりました。
言葉にするか否かで、人生が変わる言葉だと絶対的強度をもって学んだから。人生で誰と長く過ごすかが決まる最初の1歩となる言葉……運命の切り札。就職や転職と同じくらい、人生を激変させるワードと捉えても良いんです。なのに、自分に正直になれない人のなんと多いことか。
 
使い古された言葉ですが、恋愛はタイミングがなによりも大事。
感情は、ナマモノと同じなんですよね。”好き”と伝えても良い期間って、実は限られているんですよ。その大切さをこの作品で噛み締めて、起爆剤にしてみてはいかがでしょうか?
 
好きな相手に対して素直になれなかったり、別の人で寂しさを埋めようとしたり……恋をしたことのある人ならば、一度は経験した事がある切ないもどかしさを追体験。甘さ控えめで、センチメンタル具合は最大限。

「伝えたい」というあなたの気持ちに拍車をかけてくれるはず。
 

Rumi’s  ANSER



A.人生も、恋愛も、そんなもん。
 
たぶん、恋愛ってそういうものじゃないですか? だから、どうもしなくていいと思います。今は。
人生もだけど、毎度毎度そんなに上手くいくわけがないし、ポンポン前に進むわけがない。
焦って、結末ばかりを気にする恋愛は良くないです。

物語には道のりがあります。じっくり自分のなかで悩む時間も必要ですよ。
今、想いを伝えたくて悩んだり、苦しんだりしているのも、あなたがきちんと愛と向き合って努力している証拠だと思います。だから、"今は"大丈夫。

ただひとつ言えることは、"その時"が来たらきちんと想いを伝えれるよう心の準備をしておくこと。
結論、想いを伝えなければ、今まで見えなかった愛は見えてこないです。心を繋ぐためには、言葉にすることが必須ということを胸に刻んで。
幸運にも、現代には便利なツールがたくさんあります。面と向かって、直接想いを伝えないことを嫌う人はいるかもしれませんが、伝えないより100億倍マシです。

ちなみに、わたしと今の夫を最初に繋いだツールは、夫からの手紙でした。そこからすぐに付き合うとはならなかったものの、今までとは違う関係に変わったのは事実。
スマホのボタンひとつで簡単に言葉を伝えることができる今だからこそ、手書きの文字の温かみや重みにじーんとしたのかも……(笑)

手紙で想いを伝えるのも、アリじゃないでしょうか。
 

 Rumi's シネマアンサー『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』(20)


(C)Netflix

考察すればするほど面白い。愛の形について考える、新時代の青春映画。
 
文句無しの傑作!この作品を見るためにNetflixに入っても良いくらいだと思います。
あらすじは、クラスのマドンナアスター(アレクシス・レミール)に恋した体育会系のポール(ダニエル・ディーマー)が、文学や哲学に詳しいエリー(リア・ルイス)にラブレターの代筆を頼んだことから奇妙な三角関係がはじまる…という青春映画です。

まず、この映画は「恋愛モノでもなく望みが叶う話でもない」ということを前提に頭に入れておいてください。
片割れを探すのに必死になることだけが愛の形ではなく、愛には色んな形があること。
わたしたちが日々生きるなかで、伝えたくても伝えれない、ままならない想いを映像化したような作品です。性的マイノリティや人種問題を押し付けることなくごく自然に描き、あくまでも愛について考えることがこの映画の根本にあるテーマ。
今までにない新しい切り口でストーリーを昇華させていくのが見事……それでいて、とっても詩的な作品で美しい言葉に圧倒されます。様々な偉人の言葉の引用や、文学、哲学表現を知らなくても十二分に楽しめるので安心してください。

少し複雑でありながらも、ストレートに胸に響くメッセージがわたしたちに訴えかけてきます。
結末を迎えることのない"愛"が優しく包みこんでくれる映画。

きっと、今のあなたを肯定してくれるはずです。



今月のお悩みと回答、いかがでしたか?

私たちのアンサーが、少しでも力になれたら嬉しいです。この連載では、“仕事"や“恋愛"、“人生"といった、お悩みを募集しております。

心のモヤモヤをスッキリしたいみなさん。ぜひ、私たちにご相談くださいね。映画とともに、人生をもっと素敵に!


【関連記事】<映画で悩み解決>仕事に行きたくない!転職もモヤモヤ…!そんな時はどうすれば!?
【関連記事】<映画でお悩み相談>SNSに振り回される人生は嫌だ!でも辞めにくい…どうしたら?


(文:東 紗友美&加藤るみ)
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録