あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-03

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』:文句なし痛快すぎる97分間



『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』画像ギャラリーへ

試写室で見ているときから1人で小躍りしながら楽しんでしまいました。

 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の話です。

いや、もともと楽しみにしていたんですよ。

前作の『ヴェノム』でのアメコミ映画のお馴染みのエンドロールのおまけ映像でウディ・ハレルソンが出てきて“カーネイジ(=大殺戮)”という言葉を発した時に血が湧き、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の上映時間が97分と聞いた時、肉踊り。

 本作を見終わった時、期待が確信に変わり、独り拍手をしてしまいました。

【関連記事】
『ヴェノム』はアメコミ知識無しで楽しめる傑作!あなたもヴェノムが好きになる!
【関連記事】映画『ヴェノム』が乗り越えた5つの壁に迫る!!
【関連記事】あの日本映画から特撮ヒーローまで!?『ヴェノム』と意外な繫がりがある作品5選

“ヴェノム”VS“カーネイジ”二大ダークヒーローの全面衝突!

【予告編】


『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』はタイトル通りヴェノムとカーネイジの対決しか描かれていないあまりにも潔い映画という印象でした。

ミシェル・ウィリアムズ演じるヒロインのアンと、ナオミ・ハリス演じる音波を操る力を持ち、カーネイジの宿主となるクレタス・キャサディの恋人、シュリークも登場しますが、分かりやすく脇役です。

もちろんこの2人が活躍するポイントもありますし、ほかの男性キャラクターに関してもはっきり言ってほんとに脇役で終わっているので、ある意味、最初からトム・ハーディとウディ・ハレルソンのW主演映画という形に割り切っていると言えます。

 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の監督は誰?

 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』で思い切りの良さを見せた監督がアンディ・サーキス。

『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』、『モンスターバース』シリーズ、『猿の惑星』シリーズ、『スター・ウォーズ』新3部作などで“人ならざる者”にモーションキャプチャー俳優として、命を吹き込んだ人です。

モーションキャプチャー俳優として映画の裏と表の境界線に立っていたアンディ・サーキスは『ホビット』で第2班監督を務め、2017年にはアンドリュー・ガーフィルド主演の『ブレス しあわせの呼吸』で監督デビューを飾りました。

その後も、モーションキャプチャー俳優、顔出し俳優、製作者と何役もこなしています。ちなみに次回作品は顔出し俳優として、『THE BATMAN―ザ・バットマン―』で万能執事のアルフレッドを演じています。

モーションキャプチャー俳優としてのキャリアがあるので、トム・ハーディとCGのヴェノムとのやりとり、ウディ・ハレルソンとCGのカーネイジとのやり取りも見せ方がわかっているなという感じです。

ハマリ役同士の大激突



トム・ハーディは言わずと知れた2代目マッド・マックスであり、『ダークナイトライジング』では最強の敵ヴェインを演じた男。また、実在のギャングスタ―を演じた『レジェンド 狂気の美学』の1人2役も経験済みです。

アメコミキャラ、1つの体に2つの魂の宿るヴェノムを演じるのにこれ以上ないほどカリスマ性を持った役者です。

そして、“ヴェノムを上回る最悪”のカーネイジの宿主であるシリルキラーの死刑囚・クレタス・キャサディを演じるのがウディ・ハレルソン。賞レースの常連になりつつある超個性派俳優ですが、なんと父親は本当に“マフィアの雇われ殺し屋”で終身刑を受けたという“ガチな血筋”の持ち主。

本人も問題行動が多く、逮捕歴もあるトラブルメーカーですが、1994年のオリバー・ストーン監督作品『ナチュラル・ボーン・キラーズ』での熱演が評価されて、大きなブレイクポイントとなりましたが、彼のバックグラウンドを知っている人から見ると“演技を越えたもともと備わっていた何か”を見せられている気分になったという声も挙がりました。

そんな彼が、リミッターを外した凶悪殺人鬼を演じるということなので、もう、全く遠慮や躊躇がないほどの凶悪さです。

劇中にヴェノムが“赤はヤバイ!!”と言い放つセリフがありますが、クレタス・キャサディとしてカーネイジとして“極悪、ここに極まれり”といった存在感を放っています。

あえて心配事を述べるなら、“カーネイジ”が凶悪な方向に針を振り切ったキャラクターなので、ヴェノムの次回作以降これ以上凶悪なキャラクターは出せないだろうということぐらいでしょうか…。

【関連記事】『ヴェノム』はアメコミ知識無しで楽しめる傑作!あなたもヴェノムが好きになる!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『スパイダーマン・ユニバースのこれまでとこれから

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録