あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-14

「ホークアイ」レビュー:最高にくだらなく面白いシーンに1話冒頭から心を奪われる

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。

94回目の更新、今回もどうぞよろしくお願いいたします。

全然寒くならないから、秋はどこに行った??と思っていたのも束の間、いきなりの雨の日が多くなり、それが過ぎたら、極寒の東京に早変わり。一気にクリスマスや年末感が出てまいりました。

あったかいインナーを引っ張り出し、ズボンの下にはタイツが欠かせなくなってきましたね。

感染症も怖いですが、寒さも怖い。

朝早くに家を出なければならないのに、あたたか〜〜〜い羽毛布団が、私を離してくれない。もしやこの布団は妖怪なのではないのか?私の足を全く離してはくれないのだっ!!否っ!!気をしっかり持たねば、魔界へと引き込まれてしまうぞ!!と心に喝をいれるのだ淳よ。と変な物語を頭の中で再生する、まぁそんな言い訳をしながら布団から出る時間が。日毎にどんどん長くなり、バタバタと家を出ることになる生活を送っているワタクシです。

外に飲みにも行けないし、外も極寒であるなら、コタツでみかん。もとい、暖房に配信ドラマが最高です。

観ても観ても新作がゴロゴロと日本に流れてくる、24時間では足りないと、うれしい悲鳴を上げながらも、現在はこちらのドラマをリアルタイムに追っています。


こちらの作品をご紹介!!

marvelドラマシリーズ「ホークアイ」


11月24日より「ディズニー+」にて日米同時配信が始まった、marvelドラマシリーズの最新作。毎週水曜日に最新話が更新されています。クリスマスまでの6日間、ということで現在4話まで配信されており、残すところあと2話といったところです。

「ワンダ・ビジョン」「ロキ」に続いてのドラマシリーズの最新作。毎回、素敵な時間を過ごさせてくださるmarvel studioには感謝です。

今回はアベンジャーズをやめたいホークアイと、アベンジャーズ に憧れる新キャラクターのケイト・ビショップを中心に描かれるアクションドラマ。クリスマスまでには帰ると家族に約束したホークアイは、無事に計画を遂行し、家族のもとに帰れるのか。

アベンジャーズの中で"比較的"人間に近いホークアイの苦悩やトラウマを盛り込みながらも、時にコミカルに、時に激しく展開していきます。エンド・ゲーム後のあの戦いで傷ついた心と、癒えない記憶、スーパーヒーローでありながら、やはり普通のひとりの人間として、丁寧に描かれている部分が、なんとも言えない素晴らしさ。クリスマスまで後6日という、雰囲気や1話1話刻々と迫っている感もいいスパイスに。



そして、やはりなんと言っても、marvelシリーズですから、他の作品との絡み合いも楽しみのひとつ。過去作のあそことここと繋がり、次の公開作の〇〇に繋がるのかぁ、うわぁ、はわぁぁ、となるのが堪らない。あと2話を残し、どうなっていくのか、リアルタイムに楽しんでおります。4話の最後には、ようやく"彼女"が出てきましたしね。

1番声を出して笑ってしまったシーンは、ブロードウェイ・ミュージカルを観劇しているところ。エンド・ゲームでの、アベンジャーズの活躍をミュージカル化した"「ロジャース・ザ・ミュージカル」"が最高にくだらなく面白い。アメリカならやりかねない、あの感じ。衣装や、そのミュージカルのナンバーがちょうどいいくらいのダサさで、1話冒頭から、観客の心を奪う(全編をちょっと見てみたい、、)

そういった遊び心や余裕がある雰囲気が、年末のお祭りムードにマッチしているのもきっも計算なのでしょう。(さすがのmarvelですからね)

次々と卒業していくアベンジャーズ の初期メンバーたちに寂しさを感じてしまいますが、反面、新メンバーたちも魅力たっぷりな面々なので、期待もしています。女性がかなり強いチーム編成になりそうで新たなフェーズの行く末が気になりますね。

marvelシリーズは1作でも見ることを欠かすことが出来ないほど、すべてがつながっていますので、追いかけ続ける幸せを噛み締めております。

marvel??
あぁ、観てないなぁ、『アイアンマン』とかのやつでしょ?

などと言って、まだこの世界に触れていない皆様!

ぜひコチラの世界にいらっしゃい。

『アイアンマン』から順をおって追いかけてほしい。

作品数も増えてきて、最初から追うのはしんどいよっ!と言われるかもしれない。しかし、是非この世界観を一緒に堪能してほしいのです。

ひとつひとつ追っていけば、勝手に加速度的にのめり込むはず。ただのヒーローどんぱち系でしょ?とタカをくくらず、アナタの眼で見て欲しい。

そんな熱い想いを、ここから届けたい。この世界線へ、ぜひ!

「あぁ、幸せだぁ」
「あぁ、来月やっと公開するよぉ」

とmarvel新作が待ち遠しくなり、長生きしなきゃなと思わせてくれるシリーズ(言い過ぎ??)。

未見の方は、是非!

もちろん、今回の「ホークアイ」だけ見ても、もちろん楽しめますけども。楽しむなら全力で!

それでは今回も、おこがましくも紹介させていただきました。

(文:橋本淳)

■このライターの記事をもっと読む

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『ホークアイ』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録