あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」第1話レビュー:出会うべくして出会ったのか?一狼と獅郎のケイヤクは一本のマッチで(※ストーリーネタバレあり)



→「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」画像を見る(4点)

鈴木伸之、犬飼貴丈出演の「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」が2022年1月13日より放送スタート。講談社「Palcy」で連載中の薫原好江による同名原作漫画を実写化した作品だ。

公安警察の捜査官・国下一狼(鈴木伸之)が、上司からの命令で暴力団「峰上組」の若頭・英獅郎(犬飼貴丈)を監視し始める。やがて、英獅郎は闇の会員制サロンを運営していることが発覚し……?

本記事では、第1話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】「恋です!」杉咲花の魅力

【関連記事】鈴木伸之の魅力

【関連記事】「恋です!」解説/考察/感想まとめ

「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」第1話レビュー

冒頭から一狼と獅郎が甘い卵焼きが好きなどという話をしていたので、「えっ、そんなラブラブな感じ?」と動揺してしまった。が、本編が始まると、ゴリゴリである。

警視庁公安部に所属する一狼と、暴力団の若頭である獅郎がどのように交わるのか。2人を繋いだのはひとりの女性だった。

一狼にとっては先輩であり、獅郎にとっては姉である莉音。莉音は何者かによって殺されたとされているが、遺体は見つかっていない。一狼は「何者かに殺された確率は高い」と思いつつも、真相を知りたいと思っていた。

獅郎は詳しく捜査しようとしない警察に苛立ちを感じており、自分で調べようと動いていたのだ。そんな2人が出会い、利害が一致。公安とヤクザという立場ながらも手を組むことになる……というのが第1話の展開だ。

莉音が殺害された動画もなかなか刺激的だし、獅郎が経営する会員制サロンでは闇のファイトクラブも生々しい。獅郎は腕っぷしも強いらしく、初回からさんざんいろんな人をボコボコにしている。おまけに獅郎は現役総理大臣の愛人のようで……。

けど、一狼と獅郎のシーンはどこか色っぽくて……1本のマッチで煙草に火をつける仕草がなんとも言えない。

木曜よる11時59分からのドラマって、もっとゆるりとしたものではなかったっけ? おじさんがかわいいものにニコニコしているドラマとかやっていたじゃないですか……! と少し戸惑ってしまうほどである。

慎重であろうとするけれど、アツくて真っすぐ突っ込んでいってしまいそうな一狼に対し、冷静でツンデレなところがある獅郎は良いコンビになりそうだ。そして、獅郎演じる犬飼貴丈のふとした瞬間のしなやかさが良い……! 飄々としていてタガが外れるとヤバイ奴になるイメージかと思ったけれど、まだまだ奥が深そうなキャラクターである。

一狼、獅郎の周りを固めるキャストも一癖、ふた癖ありそうだ。徳井義実演じる田口も怪しさ満点。そんな田口が一狼に獅郎の監視を命じている時点でワナに見えてならない。獅郎が総理大臣の愛人だし、これからどんどん話が大きくなる可能性がある。

そしてポイントになるのは、やはり莉音だろう。莉音は行方不明になる前、一狼に何かを伝えようとしていた。彼女が抱えていた秘密とはなんなのか。また、作品終盤では眞島秀和が謎の男として登場。どのように一狼と獅郎に関わっていくのか。

ハードなドラマだが、ドラマラストにあるおまけ映像にはほっこり。公安とヤクザ、というよりは、一狼と獅郎の素の部分が分かる、コミカルな姿が見られそうでこちらも楽しみにしたい。


(文:ふくだりょうこ)

【関連記事】「恋です!」杉咲花の魅力

【関連記事】鈴木伸之の魅力

【関連記事】「恋です!」解説/考察/感想まとめ


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」1話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 読売テレビ