あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『真夜中乙女戦争』における永瀬廉「3つ」の魅力



>>>『真夜中乙女戦争』画像を全て見る(12点)

2022年1月21日に映画『真夜中乙女戦争』が公開された。劇場に足を運び、個人的に本作には3種類の人たちが興味を惹かれているように思った。

1つは原作のファン、2つ目はキャストのファン、3つ目は監督のファンである。筆者は『真夜中乙女戦争』を観るにあたって原作を読了した後、3つ目の二宮監督の一ファンとして劇場に足を運んだ。

本音を言うと、難解なストーリーに抽象的なモチーフが多様に用いられている事から一抹の不安を抱きながらの鑑賞でもあった。

ミステリアスな小説家の人気原作。数々の有名作品を生み出してきた大好きな監督。そして、日本のあらゆるエンタメで活躍している豪華キャスト。この3本の柱が織りなす幻想的なストーリーを見終わって、ある確信にも近い気持ちを覚えた。

--映画『真夜中乙女戦争』のMVPは永瀬廉だろう

ファンの方に失礼を承知でさらに本音を吐くと、二宮監督の作品が好きだからこそキラキラとしたアイドル像を纏うジャニーズを起用したキャスティングにも全く疑念がなかったといえば嘘になる。しかし、その観る前の印象が鑑賞帰りの電車の中ではもう完全にひっくり返ってしまった。

そこで今回は映画「真夜中乙女戦争」において永瀬廉の何が我々の心を掴んでいったのかを分析しようと思う。

※本記事は核心的なネタバレは避けつつも、一部内容を含む可能性があります。

>>>【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

>>>【関連記事】映画『真夜中乙女戦争』、池田エライザ大優勝。

>>>【関連記事】『真夜中乙女戦争』 はとにかく映像美に酔いしれる作品

1.『真夜中乙女戦争』の主人公を演じることのハードルの高さを超えて


永瀬廉が演じる真夜中乙女戦争の主人公はなかなかに癖の強い人物である。そもそも、二宮監督映画にでてくる若者像は『チワワちゃん』『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』に代表されるような、若さゆえの煌めきの裏にある葛藤にスポットライトが当たるような切り取り方をされる印象が強く、その微妙な心の機微を数々の演技派と言われるキャストたちが演じてきた。

ところが『真夜中乙女戦争』の主人公である「私」は卑屈さこそあれど、華の大学生特有の煌めきとは全くかけ離れた人物である。

感情の起伏も表情に表れづらく、原作でもその分周りのキャラクターが饒舌な語りを講じることで主人公の人物像が浮き上がってくるように感じていた。



「私」というキャラクターはひたすらに暗く、大きな見せ場はつねに仲間の黒服がスマートにかっこよく持っていってしまう。そこに美しく聡明な先輩まで物語に加わってきて、設定としては丸腰の状態でただの大学生である主人公としての威厳を保つのはなんとも難しそうに思えた。

ところが、永瀬廉の演じる「私」は圧倒的に憂いを帯びた華があり、先輩にも黒服にも負けないアンニュイなオーラがある。大学の中を歩いているだけ、部屋の壁にもたれて座っているだけなのに、彼は不思議と圧倒的に主人公なのだ。端的に言ってしまえば動きが最大限に抑えられていても、色気がハンパない……(笑)

しかもこのオーラは「King & Princeの永瀬廉」ではなく「真夜中乙女戦争の私」が醸し出す、ドロドロとした目を背けたくなるような虚無を孕んだ特有の世界観を纏っている。明日を生きることさえ億劫になるようなパワハラをはじめとした理不尽。自分にはどうにもできない金銭的な事情へのやるせなさ。全てがくだらなく思えてしまうような退屈さ。そんな日々を壊してくれる誰かに期待してしまう気持ちまで、永瀬廉は完全に「私」をトレースしている。

アイドルとしての永瀬廉が『真夜中乙女戦争』において完全に封印されているのではなく、彼が持つ華のある雰囲気が鏡写しの如く「私」の器に最適化されて憑依しているかのようだった。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2.モノローグの絶望感の滲む語り

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会