あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ドクターホワイト」第2話レビュー:CDT始動!メンバーにスカウトしたのはクセのある皮膚科医?(※ストーリーネタバレあり)


>>>「ドクターホワイト」の画像を全て見る(全7点)

浜辺美波が主演するドラマ「ドクターホワイト」が2022年1月17日放映スタートした。

樹林伸の小説を原作とする本作は、浜辺演じる豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜が、現役医師の誤診を正していく医療ミステリー。共演は柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋光臣、勝地涼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)ら。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

「ドクターホワイト」第2話レビュー



診断に特化した総合診断協議チーム、通称CDTが立ち上げられた。リーダーは麻里亜だが、チームにいるのは白夜とそのサポート役として将貴だけ。更に精神科医の西島が名乗りを上げるが、人員不足であることは間違いない。

そんな中、西島がメンバー候補として名前をあげたのが皮膚科医の夏樹。元外科医で優秀な人物だが、プライドが高く、診察も効率重視で若干味気がない。あと、クセがある。そのクセがけっこう強い。
夏樹と相性が良くない麻里亜は、渋々スカウトに行くが、そこで白夜が夏樹の患者に疑問を持つ。そして夏樹に向かって「それ、誤診です!」と言い放ってしまい……。

夏樹の患者、村木は足の腫れが気になり、婚約者を伴って来院。夏樹の判断は細菌による感染症だと言うが、白夜は「旅行に行きませんでしたか」などと村木に向かって問いかける。村木は否定、白夜の態度に怒るが、何か隠しているようで……おまけに村木が浮気をしている可能性が!?

医学以外の知識と感情を忘れているので、基本白夜は野生児だ。将貴も麻里亜もまだどんなふうに対応したらいいのか分かっておらず、白夜の自由奔放な言動を止めることしかできない。もう少し、うまくサポートできるようになったら変わっていくのだろうけれど。今のところ、患者さんが危険な状態になるまで医師たちが白夜の話を聞いてくれない状態だ(この辺りはまだ2話だから仕方がないのかも)。
医師たちも、誤診は認めたくないが、患者の命を救いたくないわけではない。最終的に白夜の意見に従うことになる。その葛藤を想像すると、少し不憫な気持ちにはなる。

症状を伝えるときに、患者の主観や事情が邪魔をする。最近では作中でも登場したように「ネットで調べたら○○の病気の可能性があると出てきた」という患者さんだってきっと少なくないだろう。それを冷静に判断するのが医師の役目。診断のために手を尽くさなければならない。今回、夏樹は自身の経験を過信し、村木の診断に手を尽くさなかったために、誤診を招いた。
前回もそうだが、「気持ち」や「自信」は大事だ。しかし、それらを一旦ゼロにして冷静に診断を下さなければならないというのは、医師だけではなく、どんな職業も必要なことなのかもしれない。

さて、今回から登場した夏樹を演じるのは勝地涼さん。
なかなかに嫌味な役どころだが、勝地さんならではのコミカルさもあって楽しい。麻里亜とのやりとりもテンポがよく、こちらはこちらでいいチームメイトになりそうだ。
というわけで、CDTに夏樹のほか、脳神経外科医の仙道と研修医の佐久間が加わった。次回から、本格的にCDT活動開始となるのだろうか。



(文:ふくだりょうこ)

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ドクターホワイト」第2話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録