あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ドクターホワイト」第3話レビュー:真実を知れば殺される? 白夜を狙っている人物とは?(※ストーリーネタバレあり)


>>>「ドクターホワイト」の画像を全て見る(全3点)

浜辺美波が主演するドラマ「ドクターホワイト」が2022年1月17日放映スタートした。

樹林伸の小説を原作とする本作は、浜辺演じる豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜が、現役医師の誤診を正していく医療ミステリー。共演は柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋光臣、勝地涼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)ら。

本記事では、第3話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

「ドクターホワイト」第3話レビュー




CDTのメンバーが揃い、いよいよ本格稼働……だが、依頼がない。仕事がない。まだ始まったばかりのチームなので統率がとれていない……と順調にはいかない。
そんなとき、小児科に検査入院をしていた岡本優馬が白夜や麻里亜の目の前で倒れる。検査入院の理由は、公園の遊具から落ちて頭を打ったから、なのだが、脳に異常はない。
そこでCDTが原因究明に乗り出すが、優馬は気難しく検査を拒否。なかなか原因究明には至らず……。

しかし、白夜にだけは心を開くようになる優馬。白夜がピュアだからか、一生懸命にその心に近づこうとしているからなのか。感情を忘れている、といっても感情がないというわけではない。自分の中にある感情の名前を知らないだけなのだろう。優馬を助けたい、という気持ちはちゃんとあるのだ。

そんな中、白夜の保護者だと名乗る女性が刑事を伴って高森総合病院にやってくる。この女性の怪しさがすごい。心配しているように見えて全然心がこもっていない。最初は将貴も安堵したような様子を見せるが、すぐに疑惑の視線を向ける。さすがジャーナリスト……観察眼というやつだろうか。
結果、この女性と刑事は白夜をさらうのが目的だったとわかる。おまけにこの刑事は本物で、病院を訪れたその日付で退職していた。ひとりの刑事を簡単にやめさせることができる。どんな大きな力が動いているのか。

更に、女性が訪れてきたことがきっかけで、CDTに白夜が将貴の親戚ではないことがバレてしまう。それでなくても、まとまっていないCDTはますます疑心暗鬼な状態に。白夜のやることは突拍子もないし、肝心のCDTの仕事も少ない。そこに嘘をつかれていた、という事実が発覚すればなれば仕方がないのかもしれない。
それでも、CDTに所属しているメンバーは根が良い人たちばかりだ。文句を言いつつも、協力し、意見を述べる。白夜にカッコイイと言われれば、まんざらでもない顔をする(主に夏樹)。チームというのは、バラバラでも目指すところが一緒だとまとまってくるものなのかもしれない。上辺だけで付き合おうとしているわけではなく、真向からぶつかり合っている人のなら、なおさら。今回の件で、ようやくCDTはスタートが切れた、と言えるのかもしれない。

平行して気になるのは、やはり白夜をさらおうとしている人物……組織のことだ。行方不明の麻里亜の兄、勇気から将貴のもとへ電話がかかって来るが、伝えられたのは「真実を知ろうとするな」。ジャーナリストの将貴に対して無理な相談のようにも思う。とはいえ、おまけに真実を知れば殺されるという忠告めいたメッセージまで。
白夜は何者なのか、白夜を狙う理由は? その全ては将貴が握っているのか。
まだ、何もわからない。


(文:ふくだりょうこ)


【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ドクターホワイト」第3話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録