あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「妻、小学生になる。」第3話レビュー:万里華にとっての幸せはどこにあるのだろう(※ストーリーネタバレあり)


>>>「妻、小学生になる。」の画像を全て見る(全2点)

堤真一が主演するTBSの金曜ドラマ「妻、小学生になる。」が、2022年1月21日放送スタートした。

村田椰融(むらた・やゆう)の同名漫画を原作とする本作は、最愛の妻を亡くした男性が小学生に生まれ変わった妻と再会し、戸惑いながらも生きることに向き合っていくストーリー。主人公・新島圭介役はTBSドラマに16年ぶりの出演となる堤真一。他、圭介の妻・貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の娘・麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりである10歳の少女・白石万理華を毎田暖乃が演じる。

本記事では、その第3話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<最愛>最終回までの全話の解説

【関連記事】堤真一『ザ・ファブル2』『砕け散るところを見せてあげる』のクズ役にハマる!

【関連記事】「となりのチカラ」第1話レビュー:ご近所さんが気になって仕方がない!?


「妻、小学生になる。」第3話レビュー




休日に万里華が黙って外出していたことを咎める母の千嘉。確かに、小学生の娘が行先も告げずにいなくなったら心配するのは当然だ。でも、少し様子がおかしい。あまりコミュニケーションがとられている様子もないし、万里華が怯えているようにも見える。

今回は、万里華と千嘉の関係が少しずつ見えてきた。暗くなってから家に帰っても大抵、千嘉の姿はない。仕事なんだろうが、食事のときも、別々のテーブルで食べている。食事は買ってきたお弁当。貴恵のころの記憶がある万里華はおいしい料理が作れるわけで……一体、どんな気持ちで食べているのか。
圭介、麻衣とは今は血の繋がりはない。でも、新島家にいるときのほうが幸せそうだ。とは言え、千嘉も万里華に愛情がないようにも見えなくて……複雑である。

圭介はというと、相変わらず貴恵中心の思考回路だ。LINEの返事がなければあたふたし、既読にもならないと、何があったのではないかとうろたえる。もともと貴恵のことになると心配性な部分はあったのだろうが、一度失っているという事実が余計に圭介を過敏にさせているのかもしれない。

そんな中、圭介は家族3人で日帰り旅行を思いつく。行先は、昔行った水族館。当時は圭介と貴恵たちがはぐれてしまい、シャチショーが観られなかった。圭介はそのときのことをばん回しようかとするように一生懸命だ。しかし、今度は万理華が迷子になってしまい……。
常に3人の中にまとわりつくのは、楽しい今の時間がある日突然消えてしまうのではないかという不安感。みんな元気で笑っている。それでも、もしものことを考えてしまうのは、その一度の喪失がどれだけ大きなものだったかを物語っていて悲しい。
万里華の登場で、圭介と麻衣はようやく前に進みだした。麻衣は就職し、初仕事でも好感触を得て充実しているようだ。でも、万が一万里華がいなくなってもまた立ち止まらないでいられるだろうか。ある日、突然貴恵の記憶を思い出したのだから、また失う可能性だってある。

貴恵の誕生日に、圭介と麻衣は万里華を呼んで誕生日祝いをする。本当に仲が良い家族だ。いまの状況がイレギュラーだから、ではなく、きっと貴恵が生きていたらこうやって毎年祝っていたであろうことは想像がつく。それが、今の万里華にとっては泣いてしまうほど嬉しい。
しかし、万里華を送った帰りに、千嘉にその姿を見られてしまう。
圭介と麻衣が乗るタクシーの前に立ちはだかり、強引に止める千嘉(やり方が大胆すぎる)。初めての対面は一体どうなるのか……。


(文:ふくだりょうこ)


【関連記事】<最愛>最終回までの全話の解説

【関連記事】堤真一『ザ・ファブル2』『砕け散るところを見せてあげる』のクズ役にハマる!

【関連記事】「となりのチカラ」第1話レビュー:ご近所さんが気になって仕方がない!?

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「妻、小学生になる。」第3話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録