あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『牛首村』は“恐怖の村シリーズ”最高傑作だった <cinemas short>



──<< <cinemas short>>>───

「cinemas short」は、話題の映画やドラマを短く簡潔に紹介する特設コーナー。

今回紹介する映画は『牛首村』

“私がもうひとりいる……?”奏音(Kōki,)は、ある心霊動画に映った女子高生を見て驚愕する。その姿が自分そっくりだったのだ。しかし、牛首マスクを無理やり被せられ、廃墟に閉じ込められたところで、その映像は途切れた。彼女は誰なのか?妙な胸騒ぎと忍び寄る恐怖。何者かに導かれるように、動画の撮影地・坪野鉱泉へと向かう奏音。妹の存在、双子、牛の首……。“牛首村”と呼ばれるおぞましい場所の秘密と風習が、狂気と恐怖となり、彼女にまとわりついていく……。 

『牛首村』は“恐怖の村シリーズ”最高傑作



どういう気持ちで鑑賞したか


『呪怨』の清水崇監督が新たに手掛けている”恐怖の村シリーズ”の最新作。“シリーズ”と銘打つなら3本目はあるだろうと思い、楽しみにしていました。

また何と言っても、主演のKōki,の存在が気になっていました。

実際鑑賞してみてどうだったか


『犬鳴村』『樹海村』と楽しく鑑賞していましたが、これまでの2作品はストーリーより描写重視のイメージがありました。(これは清水監督作品に多くあるパターンですが……)。またKōki,は一人二役ということもあり、歴代ヒロインの三吉彩花・山田安奈と比べると演技の面で、ハードルが高いのではと感じました。
一方でストーリーはシリーズで一番練られており、恐怖描写ではなく物語を追っていくのが楽しくなる映画でした。Kōki,の演技も想像以上にしっかりしていました。

その中でも何が良かったか、推せるか


Kōki,がとにかく頑張っていたという印象です。いきなりの主演、ホラー映画、一人二役、人気シリーズの新ヒロイン……というプレッシャーも大きかったのではないか思いましたが、なかなかどうして頼もしかったです。

もう1人を挙げると、やはり心身を張った演技を見せてくれた芋生悠でしょう。裏のMVPともいうべき熱演を見せてくれます。

どういう人にオススメか


Jホラー、ホラー映画が好きな人にはぜひ観てほしいです。
昔からホラー映画は若手俳優の登竜門的な存在でもあります。今作も萩原利久、高橋文哉、芋生悠、大谷凛香、莉子といった若手俳優が揃っています。これからの成長を追うにあたって、おすすめです。


(文:村松健太郎)

>>> 他の<cinemas short>も読む

>>> 他の新着記事も読む

公開に関する情報

『牛首村』 

2022年2月18日(金)より公開

上映劇場はこちら

公式HPはこちら
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022「牛首村」製作委員会