あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『アネット』異才カラックスのロック・オペラ・ミュージカル「息すらも止めてご覧ください!」



>>>『アネット』画像を全て見る(13点)

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

『ウエスト・サイド・ストーリー』『シラノ』『SING/シング:ネクストステージ』と、今年に入ってミュージカルもしくはその部類に入れたくなる作品が続々登場しています。

『映画きかんしゃトーマス オールスター・パレード』も人気ソングてんこもりの、バラエテイ特番的ムービーでした。

そうした流れの中、ひときわ異彩を放つのが4月1日公開のロック・オペラ・ミュージカル映画『アネット』でしょう。

何せ監督が『ポンヌフの恋人』(91)などの異才レオス・カラックスですから、一筋縄でいくはずがない!といった映画ファンの予想を裏切るどころか、まさに驚異、いや脅威といってもよいほどに豪華絢爛かつ狂乱、そして愛と野望がもたらすダークサイドへの怒涛の転換があっと驚く仕掛けを伴いながら、心切なく見る側の心を打ちつけるモンスター的な傑作なのでした!

>>>【関連記事】『ナイトメア・アリー』レポ:演技合戦が魅力のダークファンタジー

>>>【関連記事】『ベルファスト』は“21世紀モノクロ映画”の傑作

>>>【関連記事】『ガンパウダー・ミルクシェイク』レビュー

ベッド・シーンまでミュージカル!



映画『アネット』はオープニングから非凡な装いで始まります。

本作の音楽を担当するスパークスからレオス・カラックス監督とその愛娘ナスチャ(本作は彼女に捧げられています)たちが夜お外へ飛び出し、そこに主演のアダム・ドライバー&マリオン・コティヤールたちが合流しながら、映画の開幕が告げられます。

「息すらも止めてご覧ください」

って、できるかい!といった突っ込みをする暇もなく、映画は過激なスタンダップ・コメディアンのヘンリー(アダム・ドライバー)とオペラ歌手アン(マリオン・コティヤール)、それぞれの活動とふたりが恋に落ちて結婚するまでが、台詞の大半まで歌で奏でられていくハイテンションのロック・オペラ・ミュージカルとして描かれていきます。

何とベッドシーンまでミュージカル!



本作はカラックス監督の意向により、撮影現場で歌をライヴ録音するという方法が採られており(通常のミュージカル映画は、撮影前に歌をレコーディングします)、それに伴って俳優もスタッフも事前の準備や現場での緊張などを強いられつつ、そうしたライヴ感までも巧みに本作の狂乱そのものとリンクしていきます。

やがてふたりの間に愛娘アネットが生まれますが、その頃からヘンリーの人気がガタ落ちし始めていき、逆にアンは順調そのもの……。



本作はその大半がスタジオで撮影されており(その中には森や嵐の海まで!)、そうした人工的な装いと、やがて導かれていく本作独自のダーク・ファンタジー的な幻想感とが見事に融合し、これまでに見たことのない圧倒的画と音のスペクタクルが繰り広げられていくのです。

そしてタイトルにもなっている幼子アネットですが……もうこのあたりからは実際に映画をご覧になって、その仰天するばかりの表現に目を見張っていただければと思います。

(本当に仰天します!)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 原案・音楽スパークスのドキュメンタリー映画も公開

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2020 CG Cinema International / Theo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinema / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Televisions belge) / Piano