あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画『おそ松さん』が、アニメ「おそ松さん」の実写化として大正解だと思う理由



『おそ松さん』の実写化が決まったとき、楽しみな気持ちや応援する気持ちがある一方で、正直いろんな意味で困惑した。なぜなら筆者はアニメ「おそ松さん」1期の放送中からがっつりハマっていた一方で、Snow Manのファンでもあるという、両方好きな人間だったからである。

公開日に2回観てきて、いい意味で不安は覆された。本記事では、映画化を知った時の不安から実際に映画を観た感想を、おそ松さんとSnow Man、どちらも好きな者の視点で書きたいと思う。

>>>【関連記事】【Snow Man新曲】「REFRESH」Dance Videoの魅力がえぐい

>>>【関連記事】布教用に!<Snow Man>メンバー9人を見分けるポイント

>>>【関連記事】Snow Man、デビューから2年の軌跡

実写化が決まったときの正直な感想


(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

まずそもそも6つ子が主人公のアニメ「おそ松さん」が実写化可能なのか、実写化していい作品になるのか疑問と不安があった。Snow Manは身長も年齢もバラバラだし、特に顔は似ていない。すでに舞台にはなっているとはいえ、そのあたりどうなるのだろうか。

さらにSnow Manは9人。6つ子役ではない3人はオリジナルキャラとして出演するという。実写×オリジナルキャラ……。嫌な予感がする取り合わせである。

Snow Manが9人で、しかもジャニーズの企画ではなく外部からのオファーで主演映画をやること自体はとてもうれしい。でもこれをきっかけにSnow Manが嫌な印象を持たれてしまったら嫌だな~という気持ちがあった。

自分がアニメ側だけのファンだったとして考えると、好きなアニメがよく知らんアイドルグループ主演で実写化されると聞いたら、少なくとも初めて聞いたときはちょっと嫌だと思う。

現にアニメの実写化が酷評されているのは聞かない話ではない。誰も悪いわけではなくても、そういう状況は起こりうる。

ただ一方で、「大丈夫では?」と思える要素もあった。

ひとつは、英勉監督だということ。
すでに数々の原作作品を映画化して定評があり、『おそ松さん』実写化発表時に公開されていた『東京リベンジャーズ』は素晴らしかったし、とても評判がよかった。

そしてもうひとつは、Snow Manは与えられた仕事に全力で取り組み、やり切る人たちだということだ。きっといいものにしてくれるに違いないという気持ちもあった。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 映画『おそ松さん』感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©映画「おそ松さん」製作委員会2022